開講所属環境共生学部
時間割コード34326401
授業科目名生化学実験
授業科目名(英文)Biochemistry Experiment
科目区分基礎科目
担当教員友寄 博子
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 5時限
後期 木曜日 6時限
単位数1


概要
生化学は生命現象の化学的基礎を取り扱う科学であり、栄養学を理解する上ではなくてはならない知識となっている。本実験では、生体内の物質変化や生体物質の性質について生化学的手法を用いて解明する方法を学ぶ。
到達目標
先に履修した栄養学実験からの流れを理解しておくことが重要であり、本実験を通じて生化学研究の基礎と考え方を習得するとともに創造的な思考を養うことを目標とする。
履修上の注意
あらかじめ実験書をよく読んで、自分が何をすべきかわかるようにしておくこと。
無断欠席の回数の多い学生はその後の履修を認めない。
授業計画
第 1~2 回 オリエンテーション(概要説明・試薬調整)
第 3~5 回 たんぱく質の分離・精製、酵素活性測定
第 6~10 回 動物実験(たんぱく質解析)
第 11~12回 動物実験(たんぱく質の定量)
第 13~14回 動物実験(酵素活性測定)
第 15 回 実験の総括

詳細は第1回目の実験の際に説明する。
予習・復習
について
実験中に適宜指示する。
使用教材
「基礎栄養学実験」建帛社 木元幸一 鈴木和晴 編著
必要に応じてプリントを配布する。 
参考文献
「バイオ実験イラストレイテッド 5タンパクなんかこわくない」秀潤社 西方敬人編著
「生化学実験」化学同人 田代 操著
単位認定
の方法
実験レポート、実験への取り組む姿勢や態度などにより評価する。
成績評価基準
実験に積極的に取り組むこと、実験レポートの提出状況ならびに実験内容を理解し、実験結果を解析・考察できる力を身に付けたと判断できる場合などから評価する。
その他1
その他2
参考URL