開講所属環境共生学部
時間割コード34505301
授業科目名森林生態学
授業科目名(英文)Forest Ecology
科目区分 地域計画関係科目
担当教員井上 昭夫
開講年次2年生
学期・曜日・時限前期 月曜日 6時限
単位数2


概要
森林生態系の機能,構造,生産について,基礎的な事柄を理解する。
到達目標
森林の生態に関する基礎的な事項を理解し,さまざまな現象とそのメカニズムの両方を平易な言葉で説明できる。
履修上の注意
生物学Ⅱ(資)の講義を履修しておくこと。毎回の講義が互いに関連しているので,休まずに出席すること。
授業計画
第1回 オリエンテーション

第2回
テーマ:用語の解説
内容:森林生態学を学ぶ上で知っておかなくてはならない専門用語について概説する。

第3~5回
テーマ:森林生態系の現存量
内容:森林生態系の現存量の測定方法について解説するとともに,現存量に関するいくつかの法則を紹介する。

第6~7回
テーマ:森林の遷移
内容:森林の時間の経過にともなう変化とその過程における種の置き換えについて概説する。

第8~9回
テーマ:森林の物理環境
内容:森林における物理環境の測定方法について解説するとともに,その特徴について概説する。

第10~11回
テーマ:森林生態系の物質循環
内容:森林における物質循環の観測方法と特徴について解説する。

第12~13回
テーマ:林木の成長
内容:樹木の成長現象について解説するとともに,林木の成長予測に関する最近の研究成果を紹介する。

第14回
テーマ:竹林の生態学
内容:竹林の生態と管理について,最近の研究成果を交えながら解説する。

第15回 試験

第16回 まとめと試験の解説
予習・復習
について
予習の内容については前週の講義の際に指示する。復習についてはレポートを課す。
使用教材
プリントを配布する。
参考文献
講義中にその都度紹介する。
単位認定
の方法
毎回の授業後に実施する小テスト,レポートおよび筆記試験により評価する。
成績評価基準
以下の3つの基準によって評価する。
・小テストの成績が常に90点以上であること。
・体裁の整ったレポートを欠かさず提出し,その内容が講義内容を理解していると認められること(レポートの書き方については「環境資源学科 レポート作成の手引き」を参照)。
・筆記試験において,上述の到達目標を達成していると判断できること。
その他1
その他2
参考URL