開講所属環境共生学部
時間割コード34507101
授業科目名環境情報処理実習
授業科目名(英文)Information Technology for Environmental Science Practicum
科目区分基礎科目
担当教員井上 昭夫
開講年次2年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 4時限
前期 金曜日 5時限
単位数1


概要
環境科学の分野においては,大量のデータを効率的に処理することが求められる。本実習においては,フリーウェアである統計処理ソフト「R」を用いたデータ解析の基礎を修得することを目標とする。
到達目標
統計処理ソフト「R」を用いて,基本的なデータ解析と作図を行うことができる。
履修上の注意
情報処理入門と情報処理実習を履修しておくこと。毎回の実習が互いに関連しているので,休まずに出席すること。
授業計画
第1回 オリエンテーション
内容:Rのダウンロード,起動と終了,基本演算

第2回 Rの利用(1)
内容:データの要約

第3回 Rの利用(2)
内容:微積分などの高度な演算

第4回 Rの利用(3)
内容:散布図の作成

第5回 Rの利用(4)
内容:回帰

第6回 Rの利用(5)
内容:箱ひげ図の作成

第7回 Rの利用(6)
内容:円グラフの作成

第8回 Rの利用(7)
内容:棒グラフの作成

第9回 Rの利用(8)
内容:折れ線グラフの作成

第10回 Rの利用(9)
内容:図への文字列,凡例の挿入

第11回 Rの利用(10)
内容:高度な図の作成

第12~14回 Rの利用(11)
内容:プログラミング

第15回 まとめ
予習・復習
について
実習の内容を確実にに身につけるためにも,毎回の練習問題を各自で復習することが望ましい。
使用教材
プリントを配布する。
参考文献
「The R Tips」舟尾暢男著,3,800円
単位認定
の方法
実習態度とレポートにより評価する。
成績評価基準
統計処理ソフト「R」を用いて,環境データの解析と作図を迅速かつ正確に行うことができる。
その他1
その他2
参考URL
https://cran.r-project.org/
http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r.html