開講所属環境共生学部
時間割コード34532401
授業科目名海洋微生物学
授業科目名(英文)
科目区分 生物資源関係科目
担当教員和田 実
開講年次2年生
学期・曜日・時限前期集中 その他 他
単位数2


概要
この授業では、海の微生物の種類と機能の多様性について、基本的な知識や考え方を学ぶ。
到達目標
海の微生物の種類と機能の多様性に関して学んだ知識をもとに、海の環境問題や資源の利用について、自ら考えられるようになる。
履修上の注意
海の生物についての正規の授業内容を復習しておくことが望ましい。
授業内容の概ね半分程度は、指定する教科書に従って教授するので、あらかじめ教科書を購入し、通読しておくことが望ましい。
授業計画
授業は概ね以下の順序で進めるが、理解度や背景知識の状況をみて、入れ替えや新規の内容を取り扱うこともある。

第1回:海洋微生物とは何か?
第2回:海洋微生物学の歴史
第3回:海洋微生物の種類の多様性と進化(1)
第4回:海洋微生物の種類の多様性と進化(2)
第5回:海洋微生物の種類の多様性と進化(3)
第6回:海洋微生物の細胞の成り立ち
第7回:海洋微生物のエネルギー代謝(1)
第8回:海洋微生物のエネルギー代謝(2)
第9回:海洋微生物のエネルギー代謝(3)
第10回:海洋微生物の生存戦略
第11回:海洋生態系における微生物の役割(1)
第12回:海洋生態系における微生物の役割(2)
第13回:海洋生態系における微生物の役割(3)
第14回:海洋微生物の生態研究手法(1)
第15回:海洋微生物の生態研究手法(2)
予習・復習
について
予習は、指定教科書を購入し、通読しておくことが望ましい。
復習にあたり、授業内容について不明な点があれば質問して欲しい。
使用教材
以下を教科書として指定する。

水圏微生物学の基礎:ISBN978-4-7699-1568-3、恒星社厚生閣、3,800円
参考文献
単位認定
の方法
授業への参加度:45%(*15回分の授業内容に対する質問およびコメントを質問・コメントシートへ記入、提出によって評価する)
試験の点数:55%
成績評価基準
(1)1回の授業内容に対して的確な質問およびコメントを質問・コメントシートに記入、提出した場合に3点を付与する。全15回分で3x15=45点となる。
(2)試験は55点満点で採点する。
(1)と(2)の合計100点満点で評価し、90点以上はAA, 80-89点はA, 70-79点はB、60-69点はC、60点未満は不合格
その他1
その他2
参考URL