開講所属環境共生学部
時間割コード34532501
授業科目名水産環境学
授業科目名(英文)Coastal Environment and aquaculture
科目区分 生物資源関係科目
担当教員一宮 睦雄
開講年次2年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 1時限
単位数2


概要
海洋の物理・化学的特性や人間活動を含む生物学的特性について勉強し、水産生物を取り巻く様々な環境に関する理解を深めていく。環境資源である水産資源を持続的に利用し保全していくためには、幅広い分野の知識を統合する能力が求められる。
到達目標
 これから各専門分野の勉強を始めようとする学生が、環境科学を統合的に扱う視点を養っていけるよう講義を行っていく。
履修上の注意
特になし
授業計画
1. はじめに
水産環境学概要、海洋学の基礎知識
2. 海洋の物理環境条件1
海水の水温、密度、光環境、鉛直混合と成層
3. 海洋の物理環境条件2
湧昇、海流
4. 海洋の化学環境条件1
海水の塩分、栄養塩類と微量栄養塩
5. 海洋の化学環境条件2
植物プランクトンによる栄養塩類の取込、海洋の栄養塩サイクル、溶存ガス
6. 植物プランクトンと一次生産
植物プランクトンの主要分類群、海洋一次生産
7. 動物プランクトンと二次生産
動物プランクトンの主要分類群、二次生産
8. 生食連鎖とマイクロビアルループ
バクテリア、微小動物プランクトン
9. エネルギーの流れと物質循環
食物連鎖における栄養段階、海洋の炭素循環、窒素循環
10. 高次捕食者と水産資源
ネクトンの主要分類群、水産資源の変動
11. 水産資源の管理
国連海洋法条約、水産基本法
12. 栽培漁業と水産増養殖
種苗放流、魚介類・海藻養殖の実際
13. 有害・有毒プランクトンと漁業被害
赤潮プランクトン、貝毒原因プランクトン
14. 海洋環境の悪化
人為的な乱獲、赤潮・青潮の発生、移入種
15. 地球環境変動と水産資源
地球環境の変化が水産資源変動に与える影響
16. テスト
予習・復習
について
図書館に出かけて、関係の図書を参照しておくこと。
使用教材
毎回授業の内容に関する資料を配布する。
参考文献
「海と地球環境-海洋学の最前線-」 日本海洋学会(編)東京大学出版会
「生物海洋学入門」 Lalli CM, Parsons TR(著)講談社サイエンティフィック
「海洋学」 Pinet PR(著)東海大学出版会
「魚類生態学の基礎」 塚本勝巳(編)恒星社厚生閣
単位認定
の方法
レポート及び期末試験によって評価する。
成績評価基準
海洋学および海洋生物に関する基礎的な知識の習得度によって評価する。
その他1
その他2
参考URL