開講所属環境共生学部
時間割コード34537501
授業科目名植物生産環境アセスメント実習
授業科目名(英文)Assessment of Plant Production
科目区分 生物資源関係科目
担当教員松添 直隆
開講年次3年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 3時限
前期 金曜日 4時限
単位数1


概要
安全な食料の安定供給は人類の最重要課題であるが、不適切な食料生産システムは地球環境と同時に我々の体を確実に汚染していく。食料生産システムを評価・指導するには、その基礎となる植物の特性や生産環境に関する知識と実習が必要である。本実習では植物生産を支える土壌の化学・物理特性の調査法、土壌に生息する微小な生物の観察法、植物病害の診断法並びに植物の形態観察法など、植物生産に関係する環境と植物の評価法の修得を学ぶ。
到達目標
本実習では植物生産に関係する環境と植物の評価法の修得、並びに一つの生態系としての機能を持つ農地の環境を調査し、栽培植物の質的及び量的生産と生産環境との関係を理解することを到達目標とする。
履修上の注意
本科目は環境資源学科の必修科目である。本科目を履修するには事前に植物食資源学及び植物生産学を必ず受講しておくこと。
授業計画
第1回 実験の説明と心得
第2回 栽培植物の種子(外部・内部)観察
第3回 実験植物(ダイズ・トウモロコシ)の植え付け
    化学肥料と有機質肥料,化学農薬と生物農薬  
第4回 イネの形態観察   
第5回 植物の病気(バクテリア、青枯病)
第6回 野菜の形態並びに生理障害
第7回 植物の病気(糸状菌、ウドンコ病)
第8回 土壌の化学特性の調査法
第9回 実験植物(イネ)の植え付け
第10回 土壌中の微生物(根粒菌、ネコブセンチュウ)
第11回 栽培環境を測る
第12回~第15回 
宿泊実習(1泊2日、夏休み中、場所は変更することもある)
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構
九州沖縄農業研究センター 野菜花き研究施設(久留米市)並びに
佐賀大学農学部付属資源循環フィールド科学教育研究センター
予習・復習
について
予習:実習前に配付する資料に目を通し、解らない事柄については調べておくこと。
復習:各週の実験内容をまとめ、参考資料を用いて、レポートを提出すること。
使用教材
各実習において配布する。
参考文献
実習の中で紹介する。
単位認定
の方法
レポートの内容で評価する。
成績評価基準
植物の中で重要な食材となる作物について、以下の項目について理解していることを評価基準とする。
(1)植物生産に関係する環境の評価方法の修得(40点)
(2)植物の評価法の修得(40点)
(3)栽培植物の質的及び量的生産と生産環境との関係(20点)
その他1
その他2
参考URL