開講所属環境共生学部
時間割コード34562101
授業科目名環境分析化学実験I
授業科目名(英文)Environmental Analytical Chemistry Lab I
科目区分 物質環境関係科目
担当教員小林 淳
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 金曜日 4時限
後期 金曜日 5時限
単位数1


概要
環境試料(水、大気、土壌、生体試料など)に対する実践的な分析技術の習得を目標とする。環境分析の重要性を認識し、サンプリング計画の立案、器具の準備、サンプリングの実際と試料の前処理、保存方法を体得する。また基本的な環境パラメータの測定法(水温、pH、濁度、溶存酸素の測定など)、容量分析法および比色分析法の原理と応用を理解するとともに、測定データの取りまとめと解析についても習得する。
到達目標
環境試料に対する実践的な分析技術の習得を目標とする。
履修上の注意
受講希望者は「基礎化学」、「化学実験」、「環境分析化学」を修得した者に限る。
授業計画
第1回 サンプリング計画とサンプリング方法概論
第2回 JIS法によるCODの測定
第3回 水中溶存酸素の測定
第4回 水中のメチレンブルー活性物質の測定
第5回 水中の亜硝酸イオンの比色分析
第6回 イオン電極法による水中の硝酸イオンの測定
第7回 水中シアンイオンの測定
第8回 大気中オキシダントの測定
第9回 検知管による有害ガスの測定
第10回 水中の浮遊物質(SS)の測定
第11回 バイオアッセイ
第12回 水/オクタノール分配係数の測定
第13回 廃液処理
第14回 追加実験
第15回 まとめ
予習・復習
について
実験前に指導書を精読し、実験の目的、使用する材料、実験手順を理解しておくこと。レポートを期日までに提出すること。
使用教材
実験の手引書を準備する。
参考文献
Roger N. Reeve 著、Environmental Analysis, John Wiley & Sons, Chichester(1996)
日本分析化学会北海道支部編、新分析化学実験、化学同人(1989)
後藤順一、片山善章編、薬学生のための臨床化学、南江堂(2005)
日本分析化学会九州支部編、機器分析入門、南江堂(1996)
単位認定
の方法
実験レポートにより評価する。
成績評価基準
環境試料に対する実践的な分析技術を習得していること。
その他1
その他2
参考URL