開講所属環境共生学部
時間割コード34569701
授業科目名大気環境学
授業科目名(英文)Atmospheric Environment
科目区分 地域計画関係科目
担当教員張 代洲
開講年次3年生
学期・曜日・時限前期 水曜日 2時限
単位数2


概要
大気の歴史・構造・組成を説明の上、大気中に生じている物理的・化学的な現象を概説する。これらの現象が大気環境に与える影響も説明する。
到達目標
大気中に生じている物理的・化学的な現象について基本的な知識と解釈を理解する。
履修上の注意
特にないが、大気環境に興味を持っていること。
授業計画
1.大気の歴史・構造・組成
2.大気の流れ
3.気象の力学1
4.気象の力学2
5.大気中の汚染物質
6.大気中の浮遊粒子
7.対流圏化学
8.成層圏化学
9.大気中の拡散
10.雲の物理学
11.雲の化学
12.大気中の放射
13.大気と海洋
14.気候:現在までの記録と理解
15.これからの気候変動とまとめ
予習・復習
について
授業中適宜指示する。
使用教材
配布資料
参考文献
「一般気象学」(小倉義光著)、
Atmospheric Chemistry and Physics (ed. Seinfeld & Pandis)
Climate Change 2007: The science of climate change. (ed. Houghton et al.)
単位認定
の方法
・小テスト(講義中に実施)
・レポート
・授業態度
上記を総合的に評価する。
成績評価基準
大気中に生じている物理的・化学的な現象について基本的な知識と解釈を理解できているか。
その他1
その他2
参考URL