開講所属環境共生学部
時間割コード34609301
授業科目名都市計画
授業科目名(英文)Urban Planning
科目区分 農村・都市環境関係科目
担当教員鄭 一止
開講年次3年生
学期・曜日・時限前期 月曜日 3時限
単位数2


概要
本講義では、日本の都市計画の概要と現状・課題について講義し、日本の都市計画の全体像を理解することを目的とする。都市計画を取り巻く様々な問題においては、新聞やニュースなどで取り上げられている身近な社会問題の具体例とあわせて議論する。適宜、海外の都市計画事例も取り上げる。
到達目標
わが国の都市計画の歴史を掴み、各種都市計画事業の具体的な内容、評価、課題について理解し、昨今のわが国の社会経済情勢の変化等を踏まえたうえで、今後の都市計画のあり方について考察する。
履修上の注意
毎回、授業の最初に質問用紙を配布する。授業中に分からなかったことや興味関心事項について書いて授業の最後に提出してもらう。次回の授業で回答、あるいは、議論を行う。
授業計画
講義1:ガイダンス
講義2:都市計画、まちづくり、近代都市計画の歴史と評価
講義3:都市と都市計画:都市計画制度とマスタープラン
講義4:都市と市街地:土地利用計画
講義5:都市における建築:建築のコントロール
講義6:地区の計画とデザイン:建築協定・地区計画
講義7:都市と交通・自然:交通計画と公園・緑地計画
講義8:都市と防災・再生:防災計画と市街地開発事業
講義9:都市と景観:景観まちづくり
講義10:都市とコミュニティ:参加恊働のまちづくり
講義11:まちづくりと都市計画
講義12:都市と居住:住宅問題と都市居住の新しいあり方
講義13:都市の把握:都市把握の理論と都市解析の手法
講義14:諸外国の事例:海外の都市計画制度
講義15:これからの都市計画
予習・復習
について
・講義の復習を兼ねた小テストを数度行う。そのための準備をして講義に臨むこと
・講義中に提示した参考文献を読むこと
・社会経済情勢の変化に関心を寄せること
使用教材
適宜、必要なプリントを配布する。参考文献は授業中にも伝える。
参考文献
・饗庭伸他、「初めて学ぶ都市計画」、市ヶ谷出版、2008年
・その他、講義の進行に合わせて紹介する。
単位認定
の方法
・成績評価は、小テストと最終試験の点数と平常点で行う。平常点は出席を兼ねて提出してもらう質問用紙。比率はおおむね8:2
・上記の点数が講義の到達目標に達していない場合(60点以下)は、再試験あるいはレポート提出により到達を確認する。
成績評価基準
・近代都市計画成立の背景と基本的な内容を把握し、都市計画の基本的な専門用語を理解、記述できれば可以上とする。
・都市計画の具体的な事例から、その仕組み、課題について説明することができれば良以上とする。
・わが国の都市計画の評価、課題から、今後の都市計画のあり方、持続可能な都市・社会について筋道のとおった論述ができれば優以上とする。
その他1
その他2
参考URL