開講所属環境共生学部
時間割コード34663201
授業科目名インテリアデザイン論
授業科目名(英文)Interior Design
科目区分 居住空間関係科目
担当教員阪本 博美
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 火曜日 4時限
単位数2


概要
インテリアデザインとは、人の居場所をデザインすることである。
インテリアを構成するマテリアルを機能と感覚の両面からとらえ、生活に潤いをもたらすためのデザインの基礎知識を学ぶ。 
インテリアコーディネーターの資格試験を意識した内容を含む。
到達目標
日常の生活の中のデザインに興味を持つことで、 デザインに対しての意識を高めていく。
「デザインには理由がある」ということに気付き、理解することで、人に寄り添ったインテリアデザインの手法を習得する。
履修上の注意
講義の中で紹介するスライドや現物サンプル等で理解を深めてほしい。
授業計画
第1回 インテリアデザインとは
内 容:インテリアデザインの目的、役割、ライセンス

第2回 家具1                       
内 容:家具の役割、人体寸法、「いす」

第3回 家具2                       
内 容:「テーブル」「収納家具」、「美しいいす」の紹介

第4回 照明1                       
内 容:照明の役割、基本

第5回 照明2                       
内 容:光源の種類、光源の比較

第6回 照明3                       
内 容:器具の種類、「美しい照明」の紹介

第7回 照明4                       
内 容:各室の照明計画

第8回 内装仕上げ材1                   
内 容:石材、木材、タイル

第9回 内装仕上げ材2                   
内 容: 壁装材、装飾性

第10回 ウィンドートリートメント             
内 容:ウィンドートリートメントの役割、種類

第11回 キッチン空間                    
内 容:暮らしの中のキッチン、レイアウト、種類、構成要素  

第12回サニタリー空間                   
内 容:暮らしの中のサニタリー、浴室、洗面室、トイレ

第13回 色彩1
内 容:色の知覚、色の表し方、トーン
                    
第14回 色彩2                      
内 容:色の心理的効果、色のイメージ、配色のルール

第15回 講義のまとめ
予習・復習
について
学習した内容を日々の生活の中で確認する。
使用教材
要点を記述したプリント配布
日本色研事業株式会社/新配色カード199a 780円+税
日本色研事業株式会社/新配色カード199a用演習台紙 200円+税
参考文献
インテリアコーディネーターハンドブック 上巻、下巻 / 社団法人インテリア産業協会 各4,300円+税
単位認定
の方法
定期試験:80%
レポート(2回):20%
成績評価基準
・インテリアのマテリアルの基礎的な知識に関して理解しているか。
・デザインに対する意識が深まっているか。
その他1
その他2
参考URL