開講所属環境共生学部
時間割コード34671201
授業科目名居住環境デザイン実習II
授業科目名(英文)
科目区分基礎科目
担当教員小嶋 一夫
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 火曜日 4時限
後期 火曜日 5時限
後期 火曜日 6時限
単位数2


概要
第1課題:建築模型の基礎を習得します。図面から立体形を造る方法を学びます。
第2課題:建築史に残る名建築(住宅)を同じスケールで40作品(各自1作品)の模型制作。
第3課題:小規模(住宅)な建築の設計を行う中で、イメージの設定とその具現化の手法を学びます。
到達目標
第1課題:イメージが実際の形になる面白さと、綺麗ですばやい模型の作成方法を習得する。
第2課題:名建築の形態とスケール感を習得する。
第3課題:建築設計における発想力と表現力の重要性を理解し、今後習得・鍛錬すべき事柄を認識する。
履修上の注意
設計演習は一つの答えが用意されている訳ではありません。
各自が創意工夫し到達点を決めることができます。そこに難しさと面白さがあります。
授業計画
第1課題:模型と形
 第1週  課題の説明及び模型の作り方-1
 第2週  模型の作り方ー2
 第3週  模型の作り方ー3
 第4週  第1課題講評会
第2課題:有名建築(住宅の)模型制作
 第5週  有名建築の選択と作図
 第6週  模型の作り方ー4
 第7週  模型の作り方ー5
 第8週  模型の作り方ー6
第3課題:小規模建築(住宅)の設計
 第9週  課題説明(コンセプト・敷地・事例説明等)
 第10週 平面計画・断面計画・立面計画
 第11週 中間発表(ラフ模型)
 第12週 図面作成
 第13週 図面作成
 第14週 模型作成
 第15週 第3課題講評会
予習・復習
について
日頃から、身近な建築や住環境に興味を持ち、雑誌や作品
集などをみて、空間事例や表現手法などの収集をし、自分
の作品に生かせるように努めてください。
そのためにもスケッチブックやカメラを持ち歩いてくださ
い。
使用教材
参考文献
授業の進行に従って、参考図書を紹介する。
単位認定
の方法
日頃の作業態度と成果物の完成度を総合的に評価します。
成績評価基準
第1課題:成果物の完成度
第2課題:図面の把握と模型成果物の完成度
第3課題:作品コンセプト、プロセス、プレゼンの完成度
その他1
その他2
参考URL