開講所属環境共生学部
時間割コード34681201
授業科目名建築構造の基礎
授業科目名(英文)
科目区分 構造・材料関係科目
担当教員北原 昭男
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 5時限
単位数2


概要
これから建築構造、特に構造力学を学んでいく上で必要となる建築構造に関する知識、および、構造力学等に関する基礎知識について修得する。
到達目標
反力の算出や応力分布の算出から応力度の計算に至るまで、構造計算の基本的な流れと算出方法について理解する。
履修上の注意
特になし
授業計画
第1回 ガイダンス 
第2回 建築構造物とは

第3回 力の定義・力の合力の求め方
第4回 力のつりあい
第5回 構造物の種類・構造物の定義

第6回 静定はり(片持ち梁)の解法(1)
第7回 静定はり(片持ち梁)の解法(2)
第8回 静定はり(単純梁)の解法(1)
第9回 静定はり(単純梁)の解法(2)

第10回 断面の諸係数
第11回 断面に発生する応力度とひずみ度(1)
第12回 断面に発生する応力度とひずみ度(2)
第13回 軸方向応力度・せん断応力度・曲げ応力度
第14回 許容応力度法による構造安全性評価の基本的な考え方

第15回 まとめ
予習・復習
について
予習:日常的に建築物の構造や構法に関心を持ち、積極的な態度で学ぶこと。
復習:授業の内容を毎回必ず振り返り、演習問題を確認しておくこと。毎回、講義内容に関するレポートを課す。
使用教材
浅野清昭著 図説『建築構造力学』 学芸出版社
(2年次の静定構造力学でも使用する)
参考文献
授業の進行に合わせて、適宜紹介する。
単位認定
の方法
授業への取組状況と期末試験により総合的に評価する。
成績評価基準
構造力学を学ぶ上で必要となる基礎的な知識が習得できたか。
応力分布、各種応力度の算出方法を理解し、簡単な梁について解くことができるようになったか。
その他1
その他2
参考URL