開講所属環境共生学部
時間割コード34744201
授業科目名不静定構造力学
授業科目名(英文)
科目区分 構造・材料関係科目
担当教員李 麗
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 月曜日 2時限
単位数2


概要
 構造物が常時,非常時に所要の性能を発揮するためには,構造物に発生する応力と変形を的確に予測することが必要である。
 本講義では,不静定の弾性構造物(梁,ラーメン骨組)に静的な力が作用した時に構造物の各部に発生する断面応力(軸力,せん断力,曲げモーメント)と変形を求める方法を学習する。本講義の内容は,広い分野にわたる構造物の設計や生産,施工に応用できる基礎的なものであり,多くの分野の技術者に不可欠の基本的な知識である。
到達目標
 静定構造物のたわみ,たわみ角を求めること,および応力法・たわみ角法・固定法それぞれにより不静定構造物を解くことができる。
履修上の注意
 選択科目である。「卒業論文」(4年配当)は李研究室を希望する学生は必ず履修すること。
 受講者は,「静定構造力学」,「静定構造力学演習」を履修している。また,「不静定構造力学演習」を同時に履修すること。
 内容の繋がりが深い講義ですので,欠席のないよう心掛けてください。
 この科目を履修しておかないと,3年前期の「鉄筋コンクリート構造学」の履修ができない。
授業計画
主な講義内容は以下の通りである。

第1回: ガイダンス,静定と不静定,構造物の変形
 講義の進め方,注意事項を講じる。静定と不静定の判定を復習し、構造物の変形の種類を講じる。
第2回: 構造物の変形の求め方1: たわみ曲線
 曲げモーメントの式を積分し,境界条件により,たわみ角,たわみを求める。
第3回: 構造物の変形の求め方2: モールの定理
 モールの定理を用いて,構造物のたわみ角,たわみを求める。
第4~6回: 構造物の変形の求め方3: 仮想仕事式
 仕事,ひずみエネルギーの求め方(第4回)を学習し,仮想仕事式(第5~6回)を用いて,構造物のたわみ角,たわみを求める。
第7~8回: 応力法
 静定基本構,仮想荷重,不静定力,変形の釣合式を理解し,応力法で不静定構造物の応力,反力を求める。
第9~11回: たわみ角法
 基本仮定,基本公式,固定端モーメント,節点方程式,層方程式を学習し,不静定構造物の応力,反力を求める。
第12~14回: 固定法
 基本的な考え方,解放モーメント,モーメントの分配と到達を理解し,図上計算により不静定構造物の応力,反力を求める。
第15回: 直接剛性法
 基本的な考え方を紹介する。
予習・復習
について
第1回: 静定力学の内容を復習しておく
第2回: 構造物の変形の解き方について復習しておく
第3回: たわみ曲線の解き方を復習し,宿題を解いておく
第4回: モールの定理を用いた変形の求め方を復習し、宿題を解いておく
第5~7回: 仮想仕事式を用いた変形の求め方を復習し、宿題を解いておく
第8~9回: 応力法を用いて不静定構造物の応力,反力の求め方を復習し.宿題を解いておく
第10~12回: たわみ角法を用いて不静定構造物の応力,反力の求め方を復習し,宿題を解いておく
第13~15回: 固定法を用いて不静定構造物の応力,反力の求め方を復習し,宿題を解いておく
使用教材
浅野清昭 図説「建築構造力学」、学芸出版社 ISBN978-4-7615-2579-8(2年前期「静定構造力学」の教科書)
参考文献
坂田弘安,島崎和司,建築学テキスト「建築構造力学I」,学芸出版社
坂田弘安,島崎和司,建築学テキスト「建築構造力学II」,学芸出版社
坂口理他「テキスト建築構造力学II」,学芸出版社
単位認定
の方法
宿題の提出状況,講義中テストと期末試験成績評価する。
成績評価基準
1)講義の内容をどの程度理解しているかについて,宿題の提出を求める。(100点中25点)
2)各章の内容をどの程度理解しているかについて,講義中に小テストを行う。(100点中15点)
3)期末試験(100点中60点,ただし,30点未満の場合、本科目は「不可」となる)
その他1
その他2
参考URL