開講所属環境共生学部
時間割コード34745201
授業科目名不静定構造力学演習
授業科目名(英文)
科目区分 構造・材料関係科目
担当教員李 麗
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 3時限
単位数1


概要
「不静定構造力学」の内容を深く理解するための演習は,本科目の主な内容である。
 変形の求め方,応力法,たわみ角法,固定法を用いて不静定梁,不静定ラーメン,不静定トラス等の応力,反力を求め,「不静定構造力学」で学んだ知識を深く理解する。
到達目標
独自で演習課題を解くことができる。
履修上の注意
選択科目である。
受講者は,「不静定構造力学」を同時に履修すること。
宿題の提出が遅れると,成績の評価にならないので,注意してください。
授業計画
講義「不静定構造力学」の内容に応じて,以下のとおり演習を進める。

第1回: 静定構造力学の解きかたを復習する。
第2回: 構造物の変形の求め方1: たわみ曲線
第3回: 構造物の変形の求め方2: モールの定理
第4回: 仕事,ひずみエネルギー
第5回: 構造物の変形の求め方3: 仮想仕事式:梁の変形
第6回: 構造物の変形の求め方3: 仮想仕事式:ラーメンの変形
第7回: 応力法:1次不静定梁
第8回: 応力法:1次不静定ラーメン
第9回: たわみ角法:梁
第10回: たわみ角法(水平移動がない場合):鉛直荷重を受けるラーメン
第11回: たわみ角法(水平移動がある場合):水平力を受けるラーメン
第12回: 固定法:梁
第13回: 固定法((水平移動がない場合):鉛直荷重を受けるラーメン
第14回: 固定法((水平移動がある場合):水平力を受けるラーメン
第15回: 総合演習
予習・復習
について
第1回: 静定構造力学の内容を復習しておく。
第2~15回: 不静定構造力学の内容を復習し,演習課題を解いておく。
使用教材
配布資料。
参考文献
浅野清昭 図説「建築構造力学」、学芸出版社
坂口理他,「テキスト建築構造力学I」,「テキスト建築構造力学II」,学芸出版社
坂田弘安,島崎和司,建築学テキスト「建築構造力学I」,「建築構造力学II」,学芸出版社
単位認定
の方法
提出した演習課題と宿題で成績評価する。
成績評価基準
演習の内容をどの程度理解しているかについて,宿題の提出を求める。
その他1
その他2
参考URL