開講所属環境共生学部
時間割コード34882402
授業科目名栄養指導論
授業科目名(英文)
科目区分 健康環境関係科目
担当教員大下 喜子
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 2時限
単位数2


概要
 栄養指導論では、ヒトの健康やQOLの向上につながる栄養学の実践力形成支援に必要な栄養教育を総合的にマネジメントできる基礎的能力を養う。
到達目標
1)対象に応じた健康・栄養教育に必要な知識・技術を理解する。
2)対象のライフステージ、ライフスタイルを考慮した栄養教育を展開するための知識を身につける。
履修上の注意
 本講義は栄養教育論の応用理論を扱う。基礎栄養学、応用栄養学の知識は不可欠であり、他の専門分野においては基礎技術となる。そこで、自分をとりまく人々(家族、友人、知人など)を観察し、必要な栄養教育を行うにはどうすればよいのか…など、日常的にヒトのライフステージ、ライフスタイルを探る努力をして欲しい。
授業計画
第1回 栄養教育の実施
第2回 栄養教育の評価(1)評価の意義と種類、方法
第3回 栄養教育の評価(2)評価に影響する因子
第4回 食環境づくりと栄養教育(1)食環境の概念定義
第5回 食環境づくりと栄養教育(2)なぜ食環境が重要なのか
第6回 食環境づくりと栄養教育(3)事例
第7回 栄養教育の国際的動向(1)先進諸国の特徴と動向
第8回 栄養教育の国際的動向(2)発展途上国の特徴と動向
第9回 ライフステージ・ライフスタイルと栄養教育(1)妊娠・授乳期
第10回 ライフステージ・ライフスタイルと栄養教育(2)乳・幼児期
第11回 ライフステージ・ライフスタイルと栄養教育(3)学童・思春期
第12回 ライフステージ・ライフスタイルと栄養教育(4)成人期
第13回 ライフステージ・ライフスタイルと栄養教育(5)高齢期
第14回 ライフステージ・ライフスタイルと栄養教育(6)障害者・患者
第15回 授業のまとめ
予習・復習
について
講義中に適宜指示する。
最低限、シラバスに沿ってテキストを読んでおくこと。
使用教材
「Nブックスシリーズ 栄養教育論」(2013年 下田妙子編著 建帛社)
参考文献
講義中に図書館所蔵書籍を中心に適宜紹介するとともに、配布資料有り。
単位認定
の方法
筆記試験の結果(70%)および課題の結果(30%)により総合評価する。
成績評価基準
到達目標について、おもに基礎的知識と、それをもとにした説明能力を評価する。
その他1
その他2
参考URL