開講所属環境共生学部
時間割コード34887401
授業科目名臨床代謝栄養学
授業科目名(英文)
科目区分 健康環境関係科目
担当教員南 久則
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 月曜日 3時限
単位数2


概要
「臨床栄養治療学」に引き続き栄養食事療法を進めていく上で必要な、疾病に関する知識と、臨床検査、疾患に特徴的な代謝障害を学習する。栄養食事療法の理論を理解し、適切な栄養補給法の選択を学習する。さらに栄養食事療法の治療効果を判定法も教育する。また幾つかの疾患に対するケーススタディを行い、栄養管理計画を立案する能力を身につける。
到達目標
栄養食事療法の理論を理解し、適切な栄養補給法の選択を選択できる。
疾患ごと栄養管理計画を立案できる。
栄養食事療法の治療効果を評価できる。
履修上の注意
レポートを課すので,必ず提出すること。
欠席は原則的に認めない。
授業計画
1.先天性代謝異常
2.呼吸器疾患(慢性呼吸不全)
3.免疫アレルギー疾患(食物アレルギー)
4.骨格筋系疾患(骨粗鬆症、骨軟化症、くる病)
5.内分泌疾患(甲状腺機能異常症、副腎機能異常症)
6.小児疾患
7.妊産婦、授乳婦の疾患
8.感覚器・神経疾患、摂食障害
9.感染症、癌
10.代謝疾患に対するケーススタディ(1)
11.代謝疾患に対するケーススタディ(2)
12.循環器疾患に対するケーススタディ
13.胆嚢・膵疾患に対するケーススタディ
14.腎疾患に対するケーススタディ
15.まとめ
予習・復習
について
予習:毎回の講義に先立ち、予め教科書を読み、内容を調べておくこと。
復習:各講義ごとに、指示された内容をレポートで提出すること。
使用教材
エッセンシャル 臨床栄養学 医歯薬出版 
プリントの配布
参考文献
糖尿病食事療法のための食品交換表(第7版)一日本糖尿病学会、文光堂、ISBN978-4-8306-6046-7
腎臓病食品交換表 第9版 歯薬出版 ISBN978-4-263-70557-5
看護・栄養指導のための臨床検査ハンドブック 医歯薬出版
身体診察による栄養アセスメント 医歯薬出版
ケースで学ぶ栄養管理の思考プロセス 文光堂 第1巻
ケースで学ぶ栄養管理の思考プロセス 文光堂 第2巻
糖尿病性腎症の食品交換表 一日本糖尿病学会、文光堂、ISBN978-4-8306-6023-8
人体の構造と機能および疾病の成り立ち (東京数学社)
臨床栄養管理-栄養ケアとアセスメント (建帛社,渡邊,松崎,寺本 編著)
ビジュアル臨床栄養百科 (小学館)
管理栄養士講座 臨床栄養学I (建帛社,鈴木、中村 編著)
病態栄養専門師のための病態栄養ガイドブック(日本病態栄養学会 編)
管理栄養士のための疾患別検査値と治療薬ハンドブック(化学同人、白木、沖田、外山 編)
臨床栄養(月刊)一医歯薬出版
単位認定
の方法
筆記試験および講義のレポート
成績評価基準
各疾患の病態と栄養管理を正しく理解し、具体的に説明できること。
その他1
その他2
参考URL