開講所属環境共生学部
時間割コード34910201
授業科目名食教育実践論
授業科目名(英文)
科目区分関連科目
担当教員横田 桂子
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 火曜日 5時限
単位数2


概要
  学校における「食育」は、教科等で得た食に関する知識を、学校給食の時間につなぎ「生きた教材」を活用しながら実践力を育むことで、児童生徒に望ましい食習慣や自己管理能力を身につけるものである。本講義では、学校教育活動全体で取り組む食に関する指導について理論実践及び方法について学ぶ。
到達目標
 
  栄養教諭の社会的使命、学校における食育の必要性、食に関する指導目標の理解及び教科等における食に関する指導の基本的な考え方・指導方法について理解する。
履修上の注意
 
  実践理論・方法を学ぶにあたり、児童生徒の食に関する課題を認識するため、現代の日本人の食生活の現状を種々の情報源により収集・分析・評価できるような自己学習を行う。
授業計画
 
  第1回 学校における食育推進について~栄養教諭の役割~
  第2回 食に関する指導の展開(全体計画及び年間指導計画の作成について)
  第3回 学校教育活動(特別活動)と給食指導(給食時間における食に関する指導の実践)
  第4回 教科における食に関する指導の実践(家庭科・技術・家庭科)
  第5回 教科における食に関する指導の実践(体育科・保険体育科)
  第6回 道徳・特別活動における食に関する指導の実践事例に学ぶ
  第7回 生活科における食に関する指導の実践事例に学ぶ
  第8回 総合的な学習の時間における食に関する指導の実践事例に学ぶ
  第9回 個別栄養相談指導(実践事例に学ぶ)
  第10回 家庭・地域との連携(連携の在り方等について学ぶ)
  第11回 実践演習(指導案の立案及び授業の進め方について演習)
  第12回 実践演習(模擬授業指導案及び教材作成)
  第13回 模擬授業(学級活動における模擬事業の実践)
  第14回 模擬授業(学級活動における模擬授業の実践)
  第15回 講義のまとめ(栄養教諭の役割について理解する)
  第16回 定期試験
予習・復習
について
 児童生徒の食に関する課題を認識するため、日本人の食生活の現状について把握しておくこと
 学校給食法、学校教育法、食育基本法等、関係する法令等について理解しておくこと
 給食管理の基礎を理解しておくこと 
 随時課題を出す予定なので、期日までに提出すること
使用教材
  三訂(第2版)栄養教諭論(理論と実際):金田雅代編著(建帛社)  
  栄養教諭論Ⅱ(実践研究):金田雅代編著(建帛社)
  食に関する指導の手引き 平成22年3月 文部科学省
  小・中学校学習指導要領 平成20年 文部科学省
参考文献
  食教育実践マニュアル(熊本県教育委員会)
  必要に応じ随時プリントを配布する
単位認定
の方法
  定期試験とレポートを実施、演習時の積極的な発言も評価する
成績評価基準
  栄養教諭の職務内容が理解できていること
  学校における食に関する指導が、学校教育全体で行える事が理解できていること
その他1
その他2
参考URL