開講所属環境共生学部
時間割コード35860401
授業科目名栄養運動生理学実習
授業科目名(英文)
科目区分 健康環境関係科目
担当教員松本 直幸
吉村 英一
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 金曜日 4時限
後期 金曜日 5時限
単位数1


概要
講義「栄養運動生理学」の内容を踏まえ、健康・体力の保持増進、生活習慣病の予防と改善という観点から様々な実習を行い、「栄養」「運動」「休養」の意義について理解を深める。
到達目標
様々な生理指標の測定方法の習熟を通して、身体のしくみに対する理解を深める。さらに得た知識を元に様々な現場において、「健康」に対し「運動」と「食」の立場から適切な提言ができることを目指す。
履修上の注意
毎回出席を取る。
正当な理由なく4回以上欠席した者については単位認定を行わない(特別な理由がある場合はその限りではない)。
解剖生理学、環境生理学を十分に理解していること。
授業計画
1.ガイダンス
2.身体組成の評価、運動習慣と骨密度
3.運動時のエネルギー供給-乳酸に着目して-
4.安静時代謝量の測定
5.最大酸素摂取量の測定
6.運動と動脈スティフネス
7.欠食と食欲
8.中間まとめ
9.運動と食欲
10.プリズム順応
11.食後の有酸素性運動と血糖値の変動
12.咀嚼と食事誘発性熱産生
13.最大無酸素性パワー、筋力、筋疲労の評価
14.体力年齢の評価
15.まとめ
予習・復習
について
各テーマ受講後は実習ノートを見返す、テーマに関連する文献や資料を探し、読むことを習慣づける。
使用教材
資料を適宜配布する。
参考文献
管理栄養士養成シリーズ「運動生理学」 山本順一郎(編) 化学同人
「スポーツ・運動生理学概説」 山地啓司 他(編) 明和出版
「健康づくりトレーニングハンドブック」 進藤宗洋 他(編) 朝倉書店
「応用栄養学」 戸谷誠之 他(編) 南江堂
単位認定
の方法
レポートの内容、受講態度等を総合的に判断する。
成績評価基準
さまざまな生体情報記録装置を適切に操作できること。実験実習で得られた結果を論理的にレポートとしてまとめることができること。
その他1
その他2
参考URL