開講所属総合管理学部
時間割コード46301901
授業科目名マクロ経済学
授業科目名(英文)Macroeconomics
科目区分ビジネス
担当教員本田 圭市郎
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 火曜日 2時限
単位数2


概要
マクロ経済学は、人間の経済活動を一国全体の集合体として捉え、そのメカニズムの解明を試みる学問である。国や地域全体に注目することで、経済問題発生の原因やそれに対する経済政策の効果など、個人や特定の企業に注目するだけでは見えない事象を分析することが可能になる。この授業では、マクロ経済学の基礎理論の習得を通し、経済学的思考で政策の是非を考えられるようになることを目的とする。
到達目標
経済を広い視点から見て、それぞれの事象や政策を自分で考え判断できるような知識を理解し身に着けることを目標とする。具体的には、マクロ経済を考える上で必須の用語の理解と、マクロ経済を分析するための理論、理論に基づく各政策の影響の理解である。
履修上の注意
経済の基礎、ミクロ経済学を履修済みであることが望ましい。また、公務員試験で出題されるマクロ経済学とは一部逸脱した内容を扱う。
授業計画
第1回 講義ガイダンス:マクロ経済学とは?
第2回 経済の活動水準を測る:三面等価と名目・実質
第3回 物価の測り方:物価とインフレ・デフレ
第4回 経済の成長(1):経済成長モデルの下準備
第5回 経済の成長(2)・経済成長モデル
第6回 貯蓄と投資を結ぶもの(1):金融市場
第7回 貯蓄と投資を結ぶもの(2):利子率の決定
第8回 貨幣と日本銀行:貨幣供給量のコントロール
第9回 インフレーション(1):貨幣とインフレーション
第10回 インフレーション(2):インフレーションのコスト
第11回 短期の経済分析(1):45度線分析
第12回 短期の経済分析(2):IS-LMモデル
第13回 短期の経済分析(3):IS-LMモデルにおける財政政策
第14回 短期の経済分析(4):IS-LMモデルにおける金融政策
第15回 まとめ
予習・復習
について
新聞・ニュースなどから経済問題に触れる習慣がついているのが望ましいが、必須ではない。数学的な知識は、基本的な四則計算(+-×÷)と一次関数、場合によっては微分を用いるが、必要に応じて説明を行う。
使用教材
二神孝一(2009)『マクロ経済学入門(シリーズ・新エコノミクス)』日本評論社
参考文献
R・グレン・ハバード、アンソニー・パトリック・オブライエン(2014)『ハバード経済学III 基礎マクロ編』日本経済新聞出版社
資格試験研究会(2014)『新スーパー過去問ゼミ4 マクロ経済学』実務教育出版
単位認定
の方法
小テストと課題40%、定期試験60%の予定。
また、講義中に積極的に質問・回答を行った場合は加点を行う。
成績評価基準
用語の理解を20%、マクロ経済理論の理解を50%、計算を30%の割合で重視する。計算よりも、事象や理論を正しく理解できているか、そこからどのようなことが判断できるかを重視する。
その他1
その他2
参考URL