開講所属総合管理学部
時間割コード47162301
授業科目名地域流通経済論(協力講座)
授業科目名(英文)
科目区分ビジネス・アドミニストレーション
担当教員秋野 裕子
開講年次3年生
学期・曜日・時限前期 火曜日 3時限
単位数2


概要
生活者にとって不可欠な産業である流通業の機能、発展の歴史、流通業の特徴、県内流通業の概要、などを中心に講義を進める。人口減少やICTの進展、さらに熊本地震の影響など、社会構造や環境の変化に伴い流通業がどのように対応してきたか、また今後どう変化していくか等について考えていく。
到達目標
流通業の機能や特徴を理解すると同時に、熊本における発展の歴史などを理解する。また、経済活動を分析するのに欠かせない経済統計を使って概要を把握できるようになることを目指す。
履修上の注意
特になし
授業計画
1回 流通とは
2回 街の成り立ちと流通業の展開
3回 熊本市に見る中心市街地の変化
4回 熊本地震と小売業
5回 各種統計からみた流通の現状(全国と熊本、全産業に占める流通業)
6回 統計からみる流通業の推移
7回 地域流通における卸・小売構造
8回 小売業態の変化と立地
9回 コンビニにみる流通
10回 ビジネスマナー講座
11回 ICTの進展と流通
12回 流通とマーケティング
13回 人口構成の変化及び消費者意識の変化
14回 流通政策
15回 流通の再編と地方創生
予習・復習
について
メディアで報道される流通業(卸・小売業)や物流の話題に関心を持つこと
また、各回の受講後、関連する身の回りの具体的な事例に当てはめて考えてみること
使用教材
講義で使用するPPTの要点をプリントにて配布
参考文献
授業中に適宜紹介する
単位認定
の方法
定期試験(85%)とレポート(15%)の結果によって判定する。
成績評価基準
流通全般に対する理解度、熊本の流通に関する理解度を中心に各回の講義の内容を理解しているか、またレポートでは分かりやすく表現できているかに応じて評価する。
その他1
地域志向科目
その他2
参考URL