開講所属総合管理学部
時間割コード47181301
授業科目名地域経済と財政
授業科目名(英文)Local Economy and Public Finance
科目区分地域・福祉ネットワーク
担当教員小泉 和重
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 2時限
単位数2


概要
地方財政の基本的な仕組みと役割について講義します。国と地方の政府間財政関係、自治体の歳入・出システム、自治体予算制度についてやさしく説明していきます。また、地方分権、少子高齢化、地域間の経済格差、財政危機といったテーマを取り上げ、自治体財政と関わらせながら講義していきます。
到達目標
到達目標は、日本の地方財政制度の基本的な仕組みと地域経済、地方財政に関わる理論や専門用語を理解し、地域の抱える諸課題(地域間格差の是正や過疎地域の活性化等)について自ら考
え、学ぶ能力を身につけることにあります。
履修上の注意
「財政学」の講義を履修している学生を基本とします。地域の問題を財政的側面から考える授業です。地域の活性化や地方自治行政に関心を持っている学生の履修を歓迎します。
授業計画
第1回  はじめに:地方政府の経済的な役割
第2回  国と地方の政府間関係と地方政府
第3回  地方税の仕組みと改革
第4回  地方交付税の仕組みと改革を巡る議論
第5回  国庫支出金・地方債と分権改革
第6回  地方経費と公共サービスの効率性
第7回  地方経費と社会保障
第8回  地方財政の状況と財政分析の手法
第9回  財政健全化法と自治体財政
第10回  地域間格差と地域開発
第11回  様々な地域活性化策    
第12回  過疎財政  
第13回  大都市財政
第14回  市町村合併・道州制と財政
第15回  まとめ
予習・復習
について
次の用語、理論を事前に調べておくこと
第1回  財政の3つの役割、地方分権の定理
第2回  自治体の主な歳入・歳出
第3回  地方税法、法定外税、超過課税     
第4回  地方交付税制度、地域間の経済格差、足による投票
第5回  三位一体の改革、起債の自由化
第6回  普通会計、公営事業、第3セクター
第7回  生活保護制度、国民健康保険制度、介護保険制度
第8回  財政分析指標(経常収支比率、実質公債費比率等)
第9回  財政健全化法、財政再生団体
第10回  公共投資の乗数効果、費用便益分析
第11回  内発的発展、地域力、ソーシャルキャピタル 
第12回  過疎、限界集落、過疎債 
第13回  大都市問題、集積の利益と不利益
第14回  平成の大合併、規模の経済性と不経済
第15回  全体の復習  
使用教材
講義で適宜指示する。
参考文献
・重森・植田和弘編『Basic 地方財政論』有斐閣ブックス
・神野直彦・小西砂千夫『日本の地方財政』有斐閣
単位認定
の方法
定期試験、レポート等により評価する。
成績評価基準
地方財政、地域経済に関わる基本的な用語や理論についての理解度に応じて評価する。
その他1
地域志向科目
その他2
参考URL