開講所属文学部
時間割コード48100002
授業科目名卒業論文(英文)
授業科目名(英文)Undergraduate Thesis
科目区分卒業論文
担当教員Lavin Richard
開講年次4年生
学期・曜日・時限集中 その他 他
単位数6


概要
各自の問題意識に即して、論理的な手順を踏んだ学術論文を完成させる。
到達目標
それぞれの研究テーマに関連して、テーマに関する背景知識と専門的知識を身につける。テーマに即して学術的に分析する知識と方法論を修得し、英語・日本語等の言語運用能力を駆使して、自己の考えや主張を正確に表現して発信できる能力を修得する。
履修上の注意
 原則として各指導教員の特殊研究を履修していること。締切、提出要領などは、別途、各人に資料を配付する。
授業計画
 定期的に論文執筆に向けて指導を行う。
予習・復習
について
予習:毎回担当教員の指導を受けるに際しては、その時点で可能な限りの準備をして臨むこと。

復習:担当教員の助言はその都度きちんと記録し、それぞれの時点で何が必要かをよく考えて研究を進めること。
使用教材
各指導教員より適宜指示する。
参考文献
各指導教員より適宜指示する。
単位認定
の方法
・研究論文
・口頭試問
成績評価基準
審査は以下のような基準で行う
①書式要項通りの形式と分量になっている。
②研究テーマ・目的・問題設定が明確である。
③きちんと筋道を立てた論述になっており、論理的整合性が守られている。
④英語で書かれた参照文献を含み、先行研究を参照している。
⑤日本語で書いた卒業論文の場合、アブストラクトの英文の文法が正しく、アブストラクト全体の構成も適切である。
⑥英語で書いた卒業論文の場合、文法的に正しい英語で書かれている。
*英語論文の場合は、日本語論文よりも一段階上の評価値とする。
その他1
その他2
参考URL