開講所属文学部
時間割コード48602111
授業科目名キャリア形成論
授業科目名(英文)
科目区分キャリアデザイン
担当教員五島 慶一
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 5時限
単位数1


概要
今日、日本の社会では価値観の多様化及び急速な変化が顕著となっている。その結果、旧来の単純な職業観が崩壊し、若者にとっては自己の望む生き方をイメージすることが難しい時代に変わりつつある。こういった社会状況ゆえに、自己のキャリアを自らが継続的にデザインし続けていく能力を育成することが大学教育にも求められている。
上記を踏まえたキャリア形成論の概要は以下のとおりである。
1.将来の自分を見据え、今の自分に足りない能力や知識を認識し、今後身に着けるべきものを確認することによって、学生自身が主体的に習得に取り組む動機付けを行う。
2.授業を通じて多様なキャリアが存在することに気づかせる。
3.カリキュラムや資格についてのオリエンテーションを行う。
4.上級生・大学院生や卒業生に、自らの大学生活を振り返りキャリア形成体験談を語ってもらう。
到達目標
1.将来のキャリアにつながる教育カリキュラム、教育システムを理解する。
2.キャリアデザインの必要性を理解する。
3.キャリアフォリオの活用方法を理解する。
4.自己を客観的に分析する能力を身につける。
履修上の注意
授業は月2回ペースで行います。授業日に関するアナウンスに注意してください。
授業はキャリアフォリオの出席票により毎回出席をとります。
キャリアフォリオを適宜利用します。
外部からを含め、多様な講師を招いた講義のため、講師スケジュールの調整により講義の順序が変更になる場合があります。
授業計画
第1回 (4/14)  (1)学長講話「大学で学ぶ」(仮)
           (2)学部長講話「文学部の教育について(仮)」

第2回(4/21) 汎用的技能
  PROG(コンピテンシー・リテラシー)テスト

第3回(5/12) キャリアデザイン教育について
  熊本県立大学のキャリアデザイン教育の概要
  キャリアフォリオ解説と活用事例紹介(MORE)

第4回(5/26) キャリアデザイン概論
  キャリアをデザインしていく意義(外部講師)

第5回 (6/2) 理事長講話
  グローバル化時代の中で学生が考えていくべきこと(仮)

第6回(6/23) 上級生によるキャリア形成体験談
  様々な活動を行っている上級生を講師として授業を進め、授業に関すること、また正課の授業以外で身につけられる多様なキャリアを学ぶ。

第7回(7/7)  汎用的技能の観点での自己理解
  自己の汎用的技能を把握する(解説:60分)
  汎用的技能を踏まえた自己理解と今後の大学生活について(振り返り:30分)

第8回(7/21) 卒業生によるキャリア形成体験談
  (1)卒業生によるキャリア形成体験談
   社会の一線で活躍する卒業生による講演を通して、大学時代に身につけるべき能力や知識を認識し、“未来のわたし”を創る場所としての大学時代の意味を考える。
  (2)キャリア形成論総括
予習・復習
について
各回の講義受講前に以下の点を考えてくること。
1.キャリアとは何か、
2.大学生活を通して「何をしたいか」及び「何ができるようになりたいか」。
また、講義終了後、講義で話題になったキャリアに関する情報を随時集め整理しておくこと。
使用教材
キャリアフォリオ
参考文献
必要に応じ指定する。
単位認定
の方法
講義中に課したレポートを用い、受講に臨む姿勢を含め総合的に判定する。
成績評価基準
到達目標に示した内容の理解度に応じて評価する。
その他1
その他2
参考URL