開講所属環境共生学研究科博士後期課程環境共生学専
時間割コード832003
授業科目名居住系環境共生特別演習(秋季入学者)
授業科目名(英文)
科目区分博士後期課程
担当教員柴田 祐
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期集中 その他 他
単位数2


概要
地球上で人が住まうという行為「居住」を幅広くとらえて、自然・社会と環境共生する居住環境とは何かの意味を考察すると共に、自然・社会との共生を実現するための具体的な手法の習得を目指し、以下のテーマから一題材を選択し履修する。
到達目標
自然・社会と環境共生する居住環境とは何かの意味を考察し、自然・社会との共生を実現するための具体的な手法の習得を目指す。
履修上の注意
授業計画
テーマ1:木質構造設計論(担当)教授 北原 昭男
(内容)唯一再生可能な構造材料である材木について、その可能性を考察し、居住環境への利用を構造の面から考える。
 
テーマ2:パッシブ環境調整工学論(担当)教授 辻原 万規彦
(内容)持続的な開発とエネルギーの消費、さらに人間の健康と快適性との関係を居住環境調整の立場から考える。

テーマ3:空間構造論 (担当)教授 李 麗
(内容)地震や台風などの自然災害による外力を受ける構造物の空間構造システム、構造デザイン及び構造安全性の評価に関する知識を学ぶ。
予習・復習
について
各担当教員の指示による。
使用教材
参考文献
単位認定
の方法
成績評価基準
その他1
その他2
参考URL