開講所属アドミニストレーション研究科博士前期課程アドミニストレーシ
時間割コード842701
授業科目名政治学特殊講義
授業科目名(英文)
科目区分公共経営コース
担当教員松岡 泰
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 火曜日 6時限
単位数2


概要
今年度の講義は、福祉をテーマとして、その基本的な枠組みの成立と構造を扱う。一見すると、福祉と政治は無関係のように思われるが、福祉には莫大な費用がかかるため、福祉の制度変更は政治を抜きにして語れない。政治および財政問題が福祉にどれほど大きな影響力を持っているか、わかりやすく説明したい。その際、日本の福祉の在り方を知ろうと思えば、他の先進諸国の福祉の在り方と比較するのが有益である。そこでこの講義では、日本の福祉を他の福祉国家と比較する研究書を、一緒に読んでいく。そうすることで、普段はあまり考えることがない日本の福祉社会のもつ問題点についても、みんなで考えてみたい。
到達目標
福祉といえば、福祉の具体的なさまざまな制度をすぐに連想するが、この講義では福祉国家日本の特徴なり輪郭を描き出すことが目標である。国ごとに理想とする福祉国家像が異なっており、日本では福祉国家はなぜこのような姿になったのか、このような福祉の大枠を、皆さんと一緒に考えていきたい。
履修上の注意
講義のスタイルは、決められたテキストを皆さんと一緒に読む形式です。
授業計画
講義では、宮本太郎『福祉政治』(有斐閣)を丁寧に読んでいくつもりです。毎回、1章読んでいきます。半年かけて、この1冊をゆっくり読んでいきます。
予習・復習
について
毎回、割り当てられた章を読んでもらい、要約と感想を述べてもらいます。
使用教材
宮本太郎『福祉政治』(有斐閣)
参考文献
①日本比較政治学会年報第15号『事例比較からみる福祉政治』(ミネルヴァ書房、2013年)、
②新川敏光編『福祉レジーム』(ミネルヴァ書房、2015年)、
3宮本太郎他編『比較福祉国家論』(法律文化社、2000年)
単位認定
の方法
授業では毎回本の内容を要約し、その内容について感想を述べてもらいます。評価は、これらの平常点でおこないます。
成績評価基準
積極的な態度で予習と復習をきちんとおこなっているか、を重視します。
その他1
その他2
参考URL