開講所属アドミニストレーション研究科博士前期課程アドミニストレーシ
時間割コード844301
授業科目名経営戦略論特殊講義
授業科目名(英文)
科目区分企業経営コース
担当教員藤井 資子
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 月曜日 5時限
単位数2


概要
 本講義は、経営戦略について理解を深めることを目的とする。本講義では、実際の経営課題に対して具体的な提案を行うことができる人材の育成を目指す。そのため、講義では、知識の修得と応用の練習を行う。
 まず、組織論・経営戦略論を広く概観し、自らの意見を構築するための基礎知識を養う。次に、実際の経営を題材としたディスカッションを行う。これら一連の過程を通じて他の受講生の意見を聞き、また自らも意見を表明しながら学習し、学習した理論の復習をしながら、実際の課題への応用力を養うことを目指す。
到達目標
経営戦略に関する理論を修得するとともに、実際の経営課題への応用力を醸成することを目指す。
履修上の注意
 特定のテキストは使用しない。必要に応じて資料を配布する。知識の修得に加えて、修得した知識の応用を行うため、積極的な発言を期待する。
 履修者の研究内容を勘案し、講義内容を適宜変更する可能性がある。
授業計画
第1回 オリエンテーション
 授業の進め方、評価方法を説明する。また、近代企業の成り立ちについて概観し、本講義の導入とする。
第2回 近代企業の成り立ちと経営
 第1回の講義内容を復習し、近代企業における経営課題についてクラスで討議する。
第3回 組織論の基礎(1)
 組織とは何かを学び、組織を理解するためのいくつかの理論を学ぶ。
第4回 組織論の基礎(2)
 組織をマクロ的に概観する。企業間の競争と協調について学ぶ。
第5回 組織論の基礎(3)
 トランスナショナル企業の組織運営について学ぶ。
第6回 組織論の基礎(4)
 組織の中での人材マネジメントについて学ぶ。(組織デザイン)
第7回 組織論の基礎(5)
 組織の中での人材マネジメントについて学ぶ。(コンフリクト・マネジメント)
第8回 経営戦略論の基礎(1)
 経営戦略論とは何かについて概観する。あわせて、経営理念、事業ドメインについても学ぶ。
第9回 経営戦略論の基礎(2)
 経営環境分析として、SWOT分析について学ぶ。
第10回 経営戦略論の基礎(3)
 外部環境分析として、PEST分析について学ぶ。(マクロ的分析)
第11回 経営戦略論の基礎(4)
 外部環境分析として、顧客・市場・競合について学ぶ。(ミクロ的分析)
第12回 経営戦略論の基礎(5)
 内部環境分析として、自社分析を学ぶ。
第13回 経営戦略論の基礎(6)
 成長戦略として、製品・市場マトリックス、PPMについて学ぶ。
第14回 経営戦略論:実践編(1)
 第1回から第13回の講義で得た知識を応用するため、クラス討議を行う。
第15回 経営戦略論:実践編(2)
 第1回から第13回の講義で得た知識を応用するため、クラス討議を行う。
予習・復習
について
予習について:事前課題が出された場合には、課題を行ったうえで授業に臨むこと。

復習について:経営は、多様な要素が複雑に関連しあいながら日々変化していく。復習を怠らず、本講義のみならず、他の講義で得た知識との関連性を見出し、世の中の仕組みについて解き明かしていく姿勢を望む。
使用教材
必要に応じて資料を配布する。
参考文献
・Porter, Michael E., ”Competitive Strategy,” Free Press, 1980. (邦訳:土岐坤,中辻萬治,服部照夫,『新訂 競
 争の戦略』,ダイヤモンド社,1982年.)
・Porter, Michael E., Elizabeth Olmsted Teisberg, ”Redefining Health Care: Creating Value-based Competition on
 Results,” Harvard Business School Press, 2006. (邦訳:山本 雄士,『医療戦略の本質:価値を向上させる競
 争』,日経BP社,2009年.)
・桑田耕太郎,田尾雅夫,『組織論 補訂版』,有斐閣,2010年.
・野中郁次郎,徳岡晃一郎編著,『ビジネス・モデルイノベーション』,東洋経済新聞社,2012年.
これらの他にも、講義中に必要に応じて文献を紹介する。
単位認定
の方法
・知識の修得度
・発言・議論への参加などクラスへの貢献度
上記を総合的に評価する。
成績評価基準
 知識の修得度と、クラスへの貢献度に応じて成績を決定する。経営に関する理論的知識を修得しているかどうかに加えて、実際の経営の現場での問題発見・問題解決に応用して考えることができるかということも判断材料とする。
その他1
その他2
参考URL