開講所属アドミニストレーション研究科博士前期課程アドミニストレーシ
時間割コード844701
授業科目名金融論特殊講義
授業科目名(英文)
科目区分企業経営コース
担当教員松尾 隆
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 火曜日 5時限
単位数2


概要
現代は「市場の時代」といえます。「規制撤廃」、「官から民へ」、「グローバル化」など。確かに市場はある種の「公共財」であり、わたしたちの経済社会にとって不可欠の要素です。しかし、問題もあり、今日の市場重視の思想が「成熟社会」のもとでの「余剰資金」と深く結びついていることです。講義では、この点を踏まえて、「市場の時代」の意義と問題点を取り上げます。
到達目標
管理通貨体制と現代の余剰資金に孕まれる問題点等について自ら考察する能力を涵養することが目標です。
履修上の注意
授業計画
テクストを参考に、一応、次のような計画で行う予定です。
ただし、受講生と相談の上、決定します。

 第1回 特殊講義の目的・内容
 第2回 金融・証券界の変貌(1)
 第3回 金融・証券界の変貌(2)
 第4回 金融・証券界の変貌(3)
 第5回 「市場の時代」の意味するもの(1)
 第6回 「市場の時代」の意味するもの(2)
 第7回 金融自由化の深層底流(1)
 第8回 金融自由化の深層底流(2)
 第9回 歴史的屈折点を迎えたわが国銀行制度(1)
 第10回 歴史的屈折点を迎えたわが国銀行制度(2)
 第11回 市場改革のあり方
 第12回 証券市場の信頼性回復に向けて
 第13回 先物取引と投機
第14回 投機社会と福祉国家制度
第15回 特殊講義の総括
第16回 試験
予習・復習
について
報告者は、レジメを作成を義務づけます。
使用教材
鈴木芳徳著『金融・証券改革の深層底流
金融・証券評論集』御茶の水書房、2004年、\2,940を使用予定。
参考文献
適宜、紹介します
単位認定
の方法
特殊講義での報告や質疑応答の内容,および試験結果を総合的に判断する。
成績評価基準
金融に関する知識の習熟度に加えて,現代の金融問題を理解し,課題を解決するための思考力,問題解決能力が身についているかも判断材料とする。
その他1
その他2
参考URL