開講所属アドミニストレーション研究科博士前期課程アドミニストレーシ
時間割コード844801
授業科目名マーケティング論特殊講義
授業科目名(英文)
科目区分企業経営コース
担当教員吉川 勝広
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 火曜日 7時限
単位数2


概要
現代社会においてマーケティングは企業だけでなく、地方自治体、病院、学校等、公共サービスにおいても駆使されるようになっている。マーケティング論は現代社会で行われているこれらの諸活動を分析するために理論化された学問である。本講義では「マーケティング論の考え方と理論」、「実例を通してマーケティングを活用するための応用力」を学び、マーケッティング諸活動に関して論理的に分析しうる思考力を養う。
到達目標
マーケティング事例に対して論理的に分析し、解説できるようになる。
履修上の注意
特になし
授業計画
第1回 マーケティングと戦略
内容:マーケティングは企業の戦略と密接に結びついている。ここではマーケティング論と戦略論の接点について学ぶ。
第2回 企業におけるマーケティングの位置づけ
内容:市場において自社が置かれている位置を知り、それに合ったマーケティングを展開するための市場環境分析について学ぶ。
第3回 基礎理論
内容:コトラー理論を中心にマーケティング事例をとらえるための理論的考え方を学ぶ。
第4回 製品戦略と価格戦略                                            内容:製品特性モデル、プロダクトライフサイクル理論を中心に製品戦略についての考え方、価格弾力性を考慮した価格理論について学ぶ。
第5回 チャネルとコミュニケーション                                        
内容:チャネルに関する物の流れ、商品の流れ、情報の流れに関する理論に加え、AIDAMA、AMTULモデルによるコミュニケーション戦略について学ぶ。
第6回 地域ブランドの活用
内容:地域ブランドを原料に使用し、迅速に対象地域に浸透するためのマーケティングがある。ここでは地域ブランドマーケティングを商品開発とプロモーション事例から学ぶ。
第7回 小売戦略
内容:小売には様々な形態がある。ここではその形態の特徴とその特徴に応じた販売戦略について学ぶ。
第8回 マーケティングコミュニケーション                   
内容:広告戦略、経験価値マーケティング、リレーションシップマーケティング、ダイレクトマーケティングに関して、形態と理論を学ぶ。
第9回 マーケティング3.0
内容:コトラーの提唱するマーケティング3.0理論、ここではスピリチュアルマーケティング、ホリスティックマーケティング、コーズ・リレーティッド・マーケティング、ソーシャルマーケティングの考え方について学ぶ。
第10回 インターネットを活用したマーケティング
内容:現代社会において不可欠になったインターネット、どのようにマーケティングに活かされているのか。ここではその可能性と活用方策について考える。
第11回 ブランド戦略
内容:日本国内における高級車ブラントレクサスを事例に、ブランド戦略の実態について考える。
第12回 社会インフラに対応するマーケティング
内容:マーケティングは社会変化に応じて変化している。ここでは自動車を事例に社会インフラの変化に対応したマーケティングを事例から学ぶ。
第13回 情報ツール
内容:プロモーション戦略に活用される情報ツール。ここでは情報発信とその効果的活用方法を事例から学ぶ。
第14回 顧客層の情報活用
内容:ブランドイメージは顧客が購買に至る一つの要因である。ここでは顧客層が製品に関する情報をどのように収集しているのか顧客行動について学ぶ。
第15回 顧客に支持される製品とサービス
内容:顧客に支持される製品と顧客満足につながるサービスはどのようなものなのかについて学ぶ。
予習・復習
について
(予習)事前に教材を配付するので、論点はどこなのか、議論に参加しうるよう見解を整理してくること。
(復習)講義での議論の後は、教材と論点を整理し、自分の知識として整理すること。
使用教材
教材を配付。
吉川勝広(2015)『自動車マーケティング-エントリー世代とクルマの進化-』同文館
参考文献
大﨑孝徳(2014)『「高く売る」戦略-こだわりの源を探る-』同文館
池尾恭一(2015)『マーケティング・ケーススタディ』中央経済社
大澤潤(2012)『マーケティング・マネジメント論-ICTと流通-』学分社
単位認定
の方法
講義での貢献度(議論への参加)60%、レポート40%により総合的に評価する。
成績評価基準
議論への参加、発言によりマーケティング事例に関して論理的に分析できるかどうかを評価する。
その他1
その他2
参考URL