開講所属アドミニストレーション研究科博士前期課程アドミニストレーシ
時間割コード846201
授業科目名憲法特殊講義
授業科目名(英文)
科目区分公共経営コース
担当教員佐藤 雄一郎
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 火曜日 7時限
単位数2


概要
各自の修士論文の内容について、憲法および法律の観点から問題点を提示し、それについて講義します。
到達目標
受講生が自らの修士論文の内容について、憲法や法律および判例を使って、問題の所在を把握し、それに対する解決策を考えられるようになる。
履修上の注意
特にはないが、欠席が5回に達した時点で、放棄したものとみなす。
授業計画
第1回 各自の修士論文の内容の発表とそれに関する法的問題
各自が自らの修士論文の内容(扱う題材等)を発表し、それに関連する法的問題を私の方から受講生全員分提示する

第2回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第3回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第4回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第5回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第6回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第7回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第8回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第9回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第10回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第11回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第12回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第13回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第14回 第1回で提示した法的問題に関する講義
第1回で提示した各自の修士論文に関連する法的問題について、判例・学説を基に講義します。

第15回 自分の修士論文で利用可能な判例・学説の発表
講義を通して、自分の修士論文で利用可能な学説・判例について、修士論文においてどのように利用するのか等を発表する。
予習・復習
について
適宜、指示します。
使用教材
特にありません。
参考文献
適宜、指示します。
単位認定
の方法
講義での発言等で評価する講義貢献度50%と、第15回目に行う各自の発表内容50%で評価します。
成績評価基準
講義貢献度(50%)は講義での発言回数や内容で、理解度(50%)は第15回目の発表内容で、それぞれ評価します。
その他1
その他2
参考URL