開講所属アドミニストレーション研究科博士前期課程アドミニストレーシ
時間割コード846301
授業科目名行政法特殊講義
授業科目名(英文)
科目区分公共経営コース
担当教員上拂 耕生
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 水曜日 7時限
単位数2


概要
 行政法とは、「行政」にかかわる法関係・法問題を全般的に扱う学問である。行政法の基本的な概念・理論、共通制度をレクチャーし、行政の現場で起きている問題や判例等を通して、行政法の解釈・運用、さらに政策立案を演習する。
 講義で取扱う内容、講義の進め方等については、受講者と相談の上決める。
到達目標
1)「知識のとしての行政法」の理解
2)「使える行政法」の習得、実務などで行政法を応用する。
3)大学院での研究の進め方、研究対象の整理の仕方、研究課題の持ち方などを行政法研究を通して修得する。
履修上の注意
この授業の履修にあたっては、行政法に関する入門書・基本書を通読し、基本事項(行政法に関する基礎概念、理論、基本的な制度など)をある程度理解しておくことが望ましい。
授業計画
授業内容は基本的に、受講者と相談の上決めたいと思うが、特にリクエストがなければ、以下のような授業計画で進めたい。
第1回 ガイダンス
 本授業の目的や進め方など
第2回 法律による行政の原理
 行政法の基本原理である法律による行政に関する諸問題について扱う。
第3回 行政裁量
 行政裁量に関わる問題について、判例を検討しながら研究する。
第4回 伝統的な行政法のモデル
 行政行為論を中心に、伝統的な行政法理論を研究する。
第5回 現代における行政法のモデル
 行政指導、行政契約、行政計画などに関係する問題を検討する。
第6回 行政上の義務履行確保手段
 行政上の義務履行確保手段の抱える問題を中心に検討する。
第7回 行政手続
 行政手続法に沿って、行政手続の意義やその問題について検討する。
第8回 情報公開
 情報公開制度について、その根拠、仕組みなどを理解する。
第9回 個人情報保護
 個人情報保護制度について、その根拠、仕組みなどを理解する。
第10回 行政事件訴訟(1)
 行政事件訴訟の類型を中心に扱う。
第11回 行政事件訴訟(2)
 処分性や原告適格に関わる問題を検討する。
第12回 行政不服申立て
 改正行政不服審査法を扱う。
第13回 国家賠償
 国家賠償制度に関わる問題について、判例を分析しながら研究する。
第14回 損失補償
 損失補償の諸問題を検討する。
第15回 まとめ
 全体のまとめを行う。
予習・復習
について
予習すべきこと、復習すべきことについては毎回、指示する。
詳しい進め方は第1回目の授業の時に説明する。
使用教材
授業に必要な資料及びレジュメ等は適宜、配付する。
参考文献
1)宇賀克也『行政法概説1(第4版)』(有斐閣・2013年)
2)高木光ほか編『ケースブック行政法(第5版)』(弘文堂・2014年)
3)櫻井敬子・橋本博之『行政法(第4版)』(弘文堂・2013年)
4)橋本博之『行政判例ノート(第3版)』(弘文堂・2013年)
単位認定
の方法
 指示された課題に対する取組み及びレポート・報告の内容、さらに授業における発言、ディスカッション、積極性などを総合的に判断して評価する。
成績評価基準
上記1~3の到達目標の達成度(行政法ないし各人の研究の基礎力・応用力の習得度)により評価する。
その他1
その他2
参考URL