開講所属アドミニストレーション研究科博士前期課程アドミニストレーシ
時間割コード850101
授業科目名ケーススタディI
授業科目名(英文)
科目区分共通科目
担当教員上拂 耕生
三田 知実
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 月曜日 7時限
単位数2


概要
公共経営コースに所属する教員がそれぞれの専門分野に関してガイダンスの講義を行うことにより、受講者が各学問分野のディシプリンについて大まかなイメージを掴めるように指導する(なお、本年度は主として、法学者と社会学者の協働により行う予定)。この講義は、受講者に研究に取組む際に必要とされる基礎的・基本的な知識の習得を促すとともに、社会科学的研究アプローチ・研究メソッドを理解し、さらに研究者としての基本的な心構えを体得させることを目的としている。
到達目標
①学問上の基本的な概念、用語、理論に対する正確な理解
②研究方法(定量的研究法、定性的研究など)
 分析手法等に関する基礎的知識の獲得
③研究対象、基礎理論など
 学問分野ごとの基本的な枠組みの理解
④文献検索、判例検索などに関する基礎知識の獲得
⑤文献引用の方式や論文作成に関する基礎知識の習得
⑥具体的な事例を記述し、分析する能力の習得
⑦論理的かつ説得力に富むプレゼン能力の獲得
履修上の注意
時間中は、発表の機会も多いので、議論についていけるように、しっかりと予習・復習を行い、積極的に学ぶ姿勢で授業に臨むこと。とりわけ、講義の後半は受講者により事例研究の報告をしてもらう。
授業計画
第1回 イントロダクション:ケーススタディとは
第2回 社会科学系大学院での研究の進め方
第3回 社会科学における研究アプローチ(その1)
第4回 社会科学における研究アプローチ(その2)
第5回 事例研究(ケーススタディ)の方法(その1)
第6回 事例研究(ケーススタディ)の方法(その2)
第7回 中間まとめ
第8回 社会科学の研究方法論(その1)
第9回 社会科学の研究方法論(その2)
第10回 社会科学の研究方法論(その3)
第11回 受講者による事例研究報告(その1)
第12回 受講者による事例研究報告(その2)
第13回 受講者による事例研究報告(その3)
第14回 受講者による事例研究報告(その4)
第15回 まとめ

※受講者数および受講者のニーズ・理解度に応じて、上記の授業計画は変更する場合もあります。一応の目安としてください。
予習・復習
について
各担当教員からの指示による。
使用教材
各担当教員からの指示による。
参考文献
各担当教員からの指示による。
単位認定
の方法
平常点、授業への貢献度、発表レポートの内容などにより総合的に評価する。
成績評価基準
到達目標(7項目)の達成度(基礎力・応用力の習得度)により評価する。
その他1
その他2
参考URL