開講所属アドミニストレーション研究科博士前期課程アドミニストレーシ
時間割コード854101
授業科目名ナーシング・アドミニストレーション特殊講義
授業科目名(英文)
科目区分看護管理コース
担当教員安浪 小夜子
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 土曜日 2時限
単位数2


概要
医療・看護を取り巻く環境は急激に変化し、保健・医療・福祉サービスの役割が高まっています。また、医療制度改革により「病院完結型」から「地域完結型」へと変わり、組織ごとの連携・協働が不可欠となっています。その中で、看護管理者がアドミニストレーションの視点を持つことへの期待が大きくなっています。
 本科目ではナーシング・アドミニストレーションの定義・諸理論を概観する。それを踏まえて、事例を通して理論と実践の統合を図ります。後半では、さらに学んだ知識をもとに自施設でのアドミニストレーションの実際と課題を受講生に提議してもらい、参加者同士のディスカッションをとおしてナーシング・アドミニストレーションの本質を探究します。
到達目標
1.ナーシング・アドミニストレーションの定義とその意義を理解する。
2.看護管理の歴史を学び、今後どのような発展を遂げていくのか考える。
3.自己の事例をとおして、アドミニストレーションの現状と課題を明らかにし、今後の方向性を見出すことができる。
履修上の注意
1.授業形態は講義・文献学習を中心に進めていく。自施設の課題を整理し、問題意識を持って参加することを希望する。
2.主体的学習態度と課題解決の姿勢をもち、ディスカッションには積極的に参加してほしい。
授業計画
第1回  ナーシング・アドミニストレーションとは
第2回  我が国の看護管理の歴史と展望
第3回  ナーシング・アドミニストレーションにおける理論と実践
第4回  保健医療福祉の連携・協働、チーム医療
第5回  地域包括ケアシステムにおけるアドミニストレーション 
第6回  看護の位置づけの拡大と多職種連携・協働
第7回  看護サービスの質保証
第8回 看護管理者に求められるコンピテンシー
第9回  文献学習・ケース検討
第10回 文献学習・ケース検討
第11回 文献学習・ケース検討
第12回 文献学習・ケース検討
第13回 文献学習・ケース検討
第14回 文献学習・ケース検討
第15回 総括
予習・復習
について
1.井部俊子 中西睦子監修「看護管理学習テキスト 看護管理概説」「看護マネジメント論」(日本看護協会出版会)を事前に学習しておくことが望ましい。また、参考文献を含む関連書物を読み、事前準備をしておくと授業内容をスムーズに理解できる。
2.自己の看護管理観と課題を整理し、問題意識をもっておくこと。
使用教材
テキストは使用しない。当日資料を配布する。
参考文献
1)井部俊子 中西睦子監修「看護管理学習テキスト 看護管理概説」、日本看護協会、2011
2)ヘンリー・ミンツバーグ 奥村哲史/須貝栄訳「マネージャーの仕事」、白桃書房、1993
3)P.F.ドラッカー 上田惇生翻訳「マネジメント 基本と原則」、ダイヤモンド社、2001
4)大串正樹:「ナレッジマネジメント 創造的な看護管理のための12章」、医学書院、2007
5)田尾雅夫「ヒューマンサービスの組織」法律文化社、1995
6)伊丹敬之「場の論理とマネジメント」東洋経済新報社、2012
7)虎の門病院看護部編「看護管理者のコンピテンシー・モデル」、医学書院、2012
単位認定
の方法
授業における参加・貢献度(40%)、課題レポート(60%)で評価する。
成績評価基準
授業中のディスカッションやレポートに、課題に関する問題意識、管理者としての問題解決能力及び現象の概念化能力等が表現されているかを評価基準とする。
その他1
その他2
参考URL