開講所属アドミニストレーション研究科博士前期課程アドミニストレーシ
時間割コード854901
授業科目名保健医療学特殊講義
授業科目名(英文)
科目区分看護管理コース
担当教員荒木 紀代子
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 土曜日 1時限
単位数2


概要
健康の保持増進、疾病予防、異常の早期発見・早期治療、リハビリテーションという保健・医療の領域で、人々の健康の権利は保障されているのだろうか。健康は、社会・環境要因によって左右されるが格差社会といわれる今日では、健康格差も拡大している。講義では、健康概念の捉え方や健康に影響する要因、及び健康に対する自己責任の範囲に焦点をあて、保健・医療それぞれの領域において健康レベルの向上を図るための健康管理システムの考え方について講義する。
到達目標
健康概念と健康レベル向上のための健康管理システムを理解する。
履修上の注意
講義とディスカッションを混ぜながら進めていくので、問題意識を持って臨んでもらいたい
授業計画
前半は保健医療学に関する基礎的事項について講義形式で進める。
1健康概念
2保健医療制度の歴史的変遷1
3保健医療制度の歴史的変遷2
4保健医療の今日的課題
5~14回目は、受講者からの報告をもとに討議形式ですすめる。
15 まとめ
予習・復習
について
課題を事前に指示するので、準備をして臨むこと。
使用教材
随時指示する。
参考文献
近藤克則著『健康格差社会』医学書院、2500円
単位認定
の方法
講義における参加・貢献度(40%)、レポート等(60%)で判断する。
成績評価基準
講義における参加・貢献度、レポート等で総合的に評価する。
その他1
その他2
参考URL