開講所属文学研究科博士前期課程日本語日本文学専攻
時間割コード862601
授業科目名日本文学特殊講義VII-1
授業科目名(英文)
科目区分博士前期課程
担当教員鈴木 元
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 水曜日 2時限
単位数2


概要
 「連歌と連歌論」

 連歌および連歌論の基礎を理解する。特に、二条良基以降の連歌界の状況を、連歌論書『初心求詠集』から読む。
到達目標
・中世文芸における連歌の位置を理解する。
・くずし字に習熟し、一定量を読むことができるようになる。
・連歌の基本的用語を理解する。
履修上の注意
くずし字を読んでいく。
授業計画
 1.連歌概観
 2.連歌史概説
 3.連歌論書概説
 4.二条良基とその後の時代
 5.初心求詠集について
 6.『初心求詠集』を読む
   「序」「言葉かかり」
 7.「連歌の心あて」「初心の程」
 8.「三つの時節」「体と用」
 9.「面の連歌」「初の懐紙の引返」
10.「談合する事」「上手も心にかかる句」
11.「文字余り」「師綱・成阿・通郷・道助評」
12.「成種と周阿」「梵灯独吟の連歌」
13.「点の事」「点の多少の事」
14.「付句の心構え」「満広のこと」
15.「器用と数寄」「うけてには・かけてには」
予習・復習
について
くずし字に習熟するためには、たえず予習が必要である。また、連歌や連歌史を理解するために、参考文献を期間中に熟読しておくこと。
使用教材
プリントで配布する。
参考文献
伊地知鉄男『連歌の世界』(吉川弘文館)
島津忠夫『著作集』第二巻・第三巻(和泉書院)
単位認定
の方法
受講態度およびレポート
成績評価基準
くずし字の判読能力
連歌についての理解度により評価
その他1
その他2
参考URL