開講所属文学研究科博士前期課程英語英米文学専攻
時間割コード877591
授業科目名英語教育特殊講義IV
授業科目名(英文)Special Lectures in Teaching English as a Foreign Language IV
科目区分博士前期課程
担当教員吉井 誠
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 水曜日 6時限
単位数2


概要
このクラスは第二言語語彙習得に関する理論・研究・教育を概観し、指導への応用を考える。語彙習得のみならず第二言語習得全般の基礎知識を身につける。 特殊講義IVでは教科書の後半を中心に内容について議論しながら進めていく。
到達目標
第二言語語彙習得の理論と研究の基礎知識を説明できる。それぞれの教育の現場で応用できる。また、第二言語習得の理論や研究の動向を知り、基礎的な事項について説明できる。受講者の研究テーマと取らし合わせて考察できる。
履修上の注意
授業は主に学生による発表を基にして行う。発表者は担当箇所の準備にあたりレジュメを作成する。授業ではレジュメに基づいて説明を行い、質疑応答も含めて議論を進める。教員が補足説明を行い、必要に応じて参考資料を配布する。
授業計画
第1回 Introduction
第2回 Vocabulary-learning strategies
第3回並びに第4回 Learning words from context
第5回 Word parts
第6回 Using dictionaries
第7回並びに第8回 Deliberate learning from word cards
第9回並びに第10回 Finding and learning multiword units
第11回並びに第12回 Testing vocabulary knowledge and use
第13回並びに第14回 Designing the vocabulary component of a language course
第15回 まとめ

*予定は暫定的であり、受講者に合わせてスケジュールを変更することがある。詳細は最初の授業で説明を行う。
予習・復習
について
予習では各授業で扱う箇所・トピックについて事前に読みこみ、授業でのディスカッションに参加できるようにする。各自の研究テーマに関連させながら問題意識を持って読み進める。
復習では、授業で取り上げた内容の要点をまとめ、指導への応用を考える。また各自の研究テーマに示唆される事について考える。
使用教材
Nation, I. S. P. (2013). Learning vocabulary in another language. (2nd Ed.). Cambridge: CUP
参考文献
適宜指定または配布
単位認定
の方法
ディスカッションへの積極的な参加、発表、レポートなどの成績を総合して評価する。
授業参加20%、発表 20%、課題 20%、レポート 40%
成績評価基準
第二言語習得、第二言語語彙習得についての基礎知識が定着しているか、それぞれの研究テーマと関連して考察できているかで判断する。
その他1
その他2
参考URL