開講所属文学研究科博士後期課程英語英米文学専攻
時間割コード879501
授業科目名社会言語学研究
授業科目名(英文)
科目区分博士後期課程
担当教員砂野 幸稔
開講年次1年生
学期・曜日・時限集中 その他 他
単位数4


概要
社会言語学の最新の理論および研究成果を検討する。
到達目標
社会言語学の最新の理論および研究成果を理解するとともに、英文の専門書の内容を正確に理解し、それを的確に要約し報告する能力を身につける。
履修上の注意
受講者は毎回テキストの要約とコメントを求められる。
授業計画
今年度はフランスの社会言語学者ルイ=ジャン・カルヴェの著作"Pour une ecologie des langues du monde"(2004)を英訳”Towards an Ecology of World Languages"で読む。

第1回 Towards an Ecology of World Languages解題
第2回 Introduction: Practices and Representations前半
第3回 Introduction: Practices and Representations後半
第4回 1. The Ecology of Languages
1)The need for identity and its linguistic manifestations: endogenous and exogenous relexifications
第5回 1.-2) The graphic environment
第6回 1.-3) Dramatic change in a specific linguistic ecology: the example of Australia
第7回 1.-4) The political frontier and the ecolinguistic system
第8回 1.-5) The influence of the horse on European languages
第9回 1.-6) A false conception of linguistic ecology: Bickerton's simulation project
第10回2. The Galaxy of Languages 1) Constellations of languages
第11回 2.-2) The galactic model and linguistic policy: the example of the European Community
第12回 2.-3) The Hindi constellation
第13回 2.-4) The Bambara constellation
第14回 2.-5) The galaxy of writing systems
第15回3. Regulation and Change: The Homeostatic Model
1) An example of internal regulation: vernacular variants of French
第16回 3.-2) Of ships and languages: from Christopher Columbus to lingua franca
第17回 3.-3) Vernacularization as ecological acclimatization: varieties of French in Africa
第18回 3.-4) African argots and the ecolinguistic niche: the example of Bukavu
第19回 4. Linguistic Representations and Change
1) Linguistic insecurity and representations: a historical approach
第20回 4.-2) Some theoretical problems: a first approach
第21回 4.-3) Some problems of description
第22回 5. Transmission and Change
1) The transmission of first languages and the myth of the mother tongue
第23回 5.-2) The case of creoles: uphea val in the ecolinguistic niche and linguistic change
第24回 5.-3) The transmission of gravitational systems
第25回 6. Five Case Studies 1) One name for several languages: Arabic schizoglossia
第26回 6.-2) Several names for one language: the example of Kituba
第27回 6.-3) One, two or three languages? The example of Serbo-Croat
第28回 6.-4) Kraemer: the invention of French in the socio-professional context
第29回 6.-5) An ecological niche: the island of Saint-Barthelemy
第30回 Conclusion: Inventing Language, Giving it a Name
予習・復習
について
受講者は毎回テキストの要約とコメントを求められる。
使用教材
Towards an Ecology of World Languages, Polity, 2006
※Amazon等で各自購入すること(約2700円)
参考文献
ルイ=ジャン・カルヴェ『言語学と植民地主義』三元社(3360円)
ルイ=ジャン・カルヴェ『言語戦争と言語政策』三元社(3675円)
単位認定
の方法
平常点とレポート
成績評価基準
発表時のレジュメと発表内容が原書の内容を的確に把握したものであり、期末レポートにおいて、原書全体の正確な理解と独自の問題意識が示されていることを重視する。
その他1
その他2
参考URL