開講所属文学研究科博士後期課程英語英米文学専攻
時間割コード879601
授業科目名英米文学研究I
授業科目名(英文)
科目区分博士後期課程
担当教員虹林 慶
開講年次1年生
学期・曜日・時限集中 その他 他
単位数4


概要
博士後期課程の学生対象の科目である。授業で取り扱うテキストを精読し、批判的視点から解釈を行い、説得力を持たせた議論をペーパーの形にする作業を実践的に行う。
到達目標
・授業で扱うテキストを正しく理解でき、なお自分の解釈が示せるようになること。
・解釈に基づき、持論を展開し、なおかつそれを説得力のあるレベルまで引き上げることができるようになること。
・持論を口頭発表とペーパーの形にすることができること。
履修上の注意
・毎回、自分の解釈を示すことができるようにレジュメを準備すること。
・自分の研究領域や研究手法などとの関連を示すことができるよう、準備しておくこと。
・用意した発表原稿やペーパーが学術的な手順や体裁を保持しているかを常にチェックしておくこと。
授業計画
(第1セッション)
第1~4回 精読およびディスカッション、質疑応答 
第5~6回 口頭発表および質疑応答
第7回 ペーパーのピア・レヴュー
(第2セッション)
第8~12回 精読およびディスカッション、質疑応答
第13~14回 口頭発表および質疑応答
第15回 ペーパーのピア・レヴュー
(第3セッション)
第1~4回 精読およびディスカッション、質疑応答 
第5~6回 口頭発表および質疑応答
第7回 ペーパーのピア・レヴュー
(第4セッション)
第8~12回 精読およびディスカッション、質疑応答
第13~14回 口頭発表および質疑応答
第15回 ペーパーのピア・レヴュー
 
予習・復習
について
・辞書を丹念に引き予習してくること
・自分が扱う作品や批評文献について予習、復習を通してそれぞれのセッションの最初の3回で決定すること
・毎回のディスカッション後の発見を提出するが、それをまとめて整理しておくこと。
使用教材
Seventeenth-Century British Poetry, 1603-1660 (Norton Critical Editions)
参考文献
適宜、授業中に指示する
単位認定
の方法
1)毎回の担当発表(30%)
2)口頭発表(20%)
3)ミニ・リサーチ・ペーパー(50%)
成績評価基準
上記の項目を総合して60%以上を基準とする。
その他1
その他2
参考URL