開講所属アドミニストレーション研究科博士後期課程アドミニストレーシ
時間割コード895002
授業科目名企業会計特別研究II
授業科目名(英文)
科目区分経営領域科目
担当教員森 美智代
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期集中 その他 他
単位数2


概要
受講者は、修士論文のテーマから博士論文へのレベルへ専門的な論文にするための研究は、どのような研究をすればよいかを理解する。
到達目標
本講義のねらいは、以下のような3年間の博士後期課程における計画を経て、博士論文の作成を目指す。
1.修士論文のテーマを再度他の観点から見直す。
2.現在のテーマが、海外の事例との比較をとおして、課題の解決に向けた模索をする。
  1)先行事例
  2)類似事例
  3)成功事例
  4)失敗事例
3.研究の最終段階に向けて、研究のアプローチを整理する。
履修上の注意
3年間の博士後期課程における研究成果の発表を重ねながら研究の内容を充実させる。

・2年の段階で、博士論文の中間発表に向けて、研究の再確認をするので、必ず講義及び演習には出席をして、研究のコメントを受けること。
・博士論文の構成に従って、論文内容の報告の準備をすること。
・必ず報告内容の筆記は添削を受けること。
授業計画
第1回 修士論文の発表

第2回 修士論文の見直し

第3回 修士論文では不足している研究の見直し

第4回 修士論文の参考論文及び参考文献の見直し

第5回 研究に不足した資料の収集

第6回 研究の論証を前提に分析手法の検討

第7回 博士論文の構成についての報告

第8回 論文構成にしたがって報告

第9回 論文の中間研究を大学院紀要に掲載する準備

第10回博士論文の中間報告内容の論文の報告と添削(1)

第11回博士論文の中間報告内容の論文の報告と添削(2)

第12回博士論文の中間報告内容の論文の報告と添削(3)

第13回学外研究会発表会での報告の準備

第14回学外研究会発表会での報告の準備

第15回学外での発表会
予習・復習
について
博士論文の準備
使用教材
各専門分野に従った文献を使用する。
参考文献
各受講者に支持する参考文献
単位認定
の方法
各特別演習での課題と発表内容を総合的に評価する。
成績評価基準
報告内容の評価(100%)
その他1
その他2
参考URL