開講所属文学部
時間割コード931201
授業科目名国語科教育法II
授業科目名(英文)Japanese Teaching Methodology II
科目区分教職に関する専門科目群
担当教員西本 守
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 火曜日 2時限
単位数2


概要
" 国語科教育法Ⅰ・Ⅱは、中学校や高等学校で、国語科教育に携わりたいと思っている人のための講座です。
 受講する人が、学習指導要領を理解するとともに、まず国語の魅力を改めて感じとり、次に教材分析力を高め、さらには実践的な指導力を身に付け、自信を持って教壇に立てるようにしたいと考えています。
 なお、国語科教育法Ⅱでは、主に学習指導要領に則った実践的な指導力の向上を図りたいと考えています。"
到達目標
"1 中学校・高等学校の学習指導要領の理解を深める。
2 教材分析力を高める。
3 実践的な指導力を身に付ける。"
履修上の注意
"1 教職員になることを真摯に求める人物たること。(姿勢・態度)
2 受講に当たっては、何事にも積極的に、意欲的に取り組むこと。(意欲)
3 読書を進んでするなど、国語への関心をもち、教養を高めるように努めること。(関心)"
授業計画
"第1回 国語科教育法Ⅱの目標、内容及び模擬授業割当などの段取りについて
第2回 指導案について(形式の理解)
第3回 実際の指導案について(指導案の作成)
第4回 作成した指導案について(作成した指導案の評価)
第5回 評価規準について(指導と評価の一体化の理解)
第6回~第14回
 ・ 中学校・高等学校での国語教育の方法と実践(教材分析・指導案作成) 
 ・ 受講者全員、模擬授業実施(下記①から⑤のそれぞれの回数は、受講者の選択により不定)、
   その後、毎回授業合評。
                        記
   ① 中学校・高等学校における文学的文章の学習指導
   ② 中学校・高等学校における説明・論説的文章の学習指導
   ③ 中学校における古典の学習指導
   ④ 高等学校における古文・漢文の学習指導
   ⑤ 「話すこと」「聞くこと」「書くこと」及び「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」の学習指導
第15回 総合評価、意見交換、まとめ "
予習・復習
について
"〈予習について〉
1 公立学校教員採用候補者選考考査(国語)問題を通して、どのような資質が求められているかを考えて
  おくこと。
2 模擬授業の実施に際しては、中学校・高等学校の教材をよく読み、学習指導要領に則った指導案を作
  成し、発問や板書事項を工夫して臨むこと。
〈復習について〉
他生徒の模擬授業の際にも主体的に参加し、学んだことを「学習指導資料集」としてまとめること(適宜提
出)。 また、時機に応じて課題を出すので、期日までに提出すること。"
使用教材
"「指定教科書」
『中学校学習指導要領解説 国語編』 東洋館出版社(平成20年9月)
『高等学校学習指導要領解説 国語編』 教育出版(平成22年6月)
「プリント配布」
資料プリントを適宜配布"
参考文献
"『中学校学習指導要領解説 総則編』 ぎょうせい(平成20年9月)
『高等学校学習指導要領解説 総則編』 東山書房(平成21年11月)"
単位認定
の方法
定期試験(4割)、模擬授業・相互評価・意見交換・問題演習への取組状況(4割)、レポート(授業資料)等の提出物(2割)による総合評価。
成績評価基準
国語教師になるための高い関心・意欲があるか、基礎的、基本的な知識を身に付けているか、学習指導要領を踏まえ適切に学習指導案を作成できるか、作成した学習指導案に従って模擬授業を円滑に行うことができるか、模擬授業における改善点を理解し、克服できるように努力するかを評価する。
その他1
その他2
参考URL