開講所属文学部
時間割コード931401
授業科目名国語科教育法演習
授業科目名(英文)Japanese Teaching Methodology Seminar
科目区分教職に関する専門科目群
担当教員中井 賢一
開講年次4年生
学期・曜日・時限後期 金曜日 2時限
単位数2


概要
 中学校高等学校の教科書に取り上げられたテクストを対象に、国語科の授業として構築する具体的方法について総合的に演習する。そのため、国語科教育の意義や目的に対する理解を深めた上で、各テクストのジャンル別に、それぞれの特徴に応じた教材研究の方法と授業プランニングの方法について発表、討論を行う。また、学習者に分かりやすい評価のありかたについても考察する。
到達目標
 領域別、ジャンル別に、教材研究、授業プランニング、評価の各方法について理解する。
履修上の注意
 教員志望者を対象とする。但し、規定回数を超えて欠席した場合は評価の対象としない。
授業計画
1.講義概要の説明・国語科における学習指導と評価 
2.国語科教育の意義と目的1―国語科教育の歴史と新学習指導要領― 
3.国語科教育の意義と目的2―学習者の実態と学習指導案―
4.国語科教育の意義と目的3―評価方法と評価規準―
5.演習1 現代文・説明的文章(1)
6.演習2 現代文・説明的文章(2)
7.演習3 現代文・文学的文章(1)
8.演習4 現代文・文学的文章(2) 
9.演習5 国語表現(1)
10.演習6 国語表現(2)
11.演習7 古文(1)
12.演習8 古文(2)
13.演習9 漢文(1)
14.演習10 漢文(2)
15.まとめ
予習・復習
について
〈予習〉 発表担当者は、指示を遵守して資料作成に当たること。発表担当者以外は、当該テクストを通読の上、疑問点や問題点を整理しておくこと。 
〈復習〉 復習シートに必要事項を記入の上、提出すること。
使用教材
プリント配布
参考文献
『高等学校学習指導要領解説 国語編』(文科省) 
『中学校学習指導要領解説 国語編』(文科省)
単位認定
の方法
 レポート40%、発表内容と質疑応答状況40%、復習シート10%、口頭試問10%とする。
成績評価基準
 領域、ジャンルに応じた教材研究の方法を習得しているか。指導案の作成方法を含め、指導対象に即した授業プランニングを実践できているか。分かりやすい学習評価の方法を理解しているか。
その他1
その他2
参考URL