開講所属環境共生学部
時間割コード933301
授業科目名理科教育法III(隔週)
授業科目名(英文)Science Teaching Methodology III
科目区分教職に関する専門科目群
担当教員八田 明夫
開講年次4年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 3時限
前期 金曜日 4時限
単位数2


概要
本講義は中学校、高等学校の理科教員を目指す人への講義であるが、教員以外の職を目指す人へも役立つように考えて講義する。理科教育法で学ぶ「事象の捉え方」「事象の説明の仕方」「生徒の学習への支援の仕方」は、自分の子育てはもちろん、社会人として様々な職種で人間関係を築くのに役立つようになることを期待している。本講義は、理科教育の意義、理科教育の歴史、理科教育に関係する科学の歴史、生物分野の教材例、地学分野の教材例、物理分野の教材例、化学分野の教材例、理科授業の指導案の作成などを扱う。
到達目標
中学・高校の理科教師として、年間目標を作成し、各授業の指導案を作成し、生徒が主体的に理科を学ぶ姿勢になって理科の授業を受け、理科が分かるようになって生徒が満足するような授業を目指せる教師になる準備ができることを到達目標としたい。
履修上の注意
本講義は4年次開講の授業なので、3年時までの理科教育法の授業を履修していることを前提に講義する。
授業計画
第1、2回 理科教育の意義理科教育の歴史 
第3,4回 理科教育に関係する科学の歴史 
第5,6回 生物分野の教材例 
第7,8回 地学分野の教材例 
第9,10 物理分野の教材例 
第11,12回 化学分野の教材例 
第13,14,15回 理科授業の指導案の作成など
予習・復習
について
シラバスに基づき、予定される授業の内容に関係した文献等から予備知識を得て,講義後に自分の持っている知識で学んだことを人に説明できるようにノートを整理し直す。
使用教材
講義に関係した資料をプリントで用意し配布する。
参考文献
教科書として指定はしない。講義中に幾つかの教科書・文献等を紹介する。
単位認定
の方法
毎回の小テスト及び期末テストの得点を総合的に評価する。
成績評価基準
理科教育法で学んだ「事象の捉え方」「事象の説明の仕方」「生徒が学習する際の支援の仕方」を自分の言葉で説明できるようになっていることを基準とする。
その他1
その他2
参考URL