開講所属環境共生学部
時間割コード934401
授業科目名家庭科教育法IV
授業科目名(英文)Home Economics Teaching Methodology IV
科目区分教職に関する専門科目群
担当教員米村 友子
開講年次4年生
学期・曜日・時限後期集中 その他 他
単位数2


概要
『家庭科教育』について、高等学校における実践的指導法を中心に学び、専門性を高める。「キャリア教育」「産業教育」としての高等学校家庭科教育への理解を深め、具体的な年間指導計画を立案し、魅力的な教材開発を行う。
到達目標
家庭科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを踏まえて、教育現場における教師としての指導力向上を図る。
履修上の注意
家庭科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを履修した学生を対象とする。
柔軟な考え方で、教育現場の人間関係を築き、解決策について協議し、問題解決につなげる。
授業計画
第1回  高等学校における家庭科教育
      小・中・高校の実際と課題
      学習指導要領にみる高校家庭科
第2回  各学科に共通する教科「家庭」
      教育課程と年間指導計画      
第3回  主として専門学科において開設される教科「家庭」
      専門学科における教育課程と年間指導計画
第4回  学習指導案の作成
第5回  模擬授業の実践
第6回  実技指導の実践
第7回  調理実習の実践
第8回  指導案作成(調理実習)
第9回  模擬授業
第10回 被服実習の実践
第11回 指導案作成(被服実習)
第12回 模擬授業
第13回 ホームプロジェクトと学校家庭クラブ
      課題解決学習への支援方法
      指導できる教師になるには
第14回 ホームプロジェクトと学校家庭クラブの実際(県高校家庭クラブ連盟研究大会への参加)
第15回 持続可能な社会の形成と家庭科教育
予習・復習
について
予習
・家庭科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲでの学習内容について、まとめ、特に学習指導案については、領域別に整理しておく。
・高等学校学習指導要領家庭編のうち専門教科・科目の履修形態と専門学科について読み解いておく。
・高等学校「生活産業基礎」をはじめ専門学科で学ぶ教科・科目の教科書について、研究しておく。
・ホームプロジェクトと家庭クラブ活動について理解を深めておく。

復習
・提出の機会が多いので、期限を守ること
使用教材
・教材として、「プリント配布」を行う。
・家庭に関する教科・科目のうち、現場において履修頻度の高い科目の教科書(事前相談)
・高等学校学習指導要領解説 家庭編
・評価基準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資料[高等学校共通教科「家庭」]
参考文献
・学習指導要領、指導要領等他 政府出版物
・高等学校 家庭 指導資料 「生きる力を育てる家庭科教育」 熊本県教育委員会
・調理師養成施設協会 出版教科書
・FHJ 全国高等学校家庭クラブ連盟誌
・全国家庭科協会(ZKK)会誌他
・熊本の家庭科教育 熊本県高等学校教育研究研究会家庭部門
単位認定
の方法
・家庭に関する専門教科・科目への理解と実践。学習指導案の内容、模擬授業に関するレポート及びグループ討議において、総合的に評価する。
・学校経営目標、家庭科専門教科・科目の年間指導計画、学習指導案作成・模擬授業・教材・指導資料作成(50%)
・発表力・人とのつながり(発声、言葉使い、眼差し、生徒指導等)(10%)
・意欲・関心(10%)
・授業実践に関するレポート(30%)
成績評価基準
・高等学校共通教科「家庭」の年間指導計画を立て、実験・実習が5/10以上時間確保できている。指導・評価ができる。
・高等学校専門教科「家庭」の教科・科目について精通し、教育課程の編成を可能にする。
・実技的な指導方法を知り、評価ができる実践力を持つ。
その他1
その他2
参考URL