開講所属総合管理学部
時間割コード935201
授業科目名社会科教育法II
授業科目名(英文)Teaching Methodology II of Social Studies
科目区分教職に関する専門科目群
担当教員中島 隆二
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 4時限
単位数2


概要
 学習指導要領解説には、「21世紀は、新しい知識・情報・技術が・・・中略・・・飛躍的に重要性を増す、いわゆる「知識基盤型社会」の時代であると言われている。」さらに、社会科の目標として、「広い視野に立って、社会に対する関心を高め、諸資料に基づいて多面的・多角的に考察し、・・・中略・・・公民的資質の基礎を養う。」と謳ってあり、「社会科教育」に課せられた使命は極めて大きい。
 中学生に「社会科」を如何に教育するか、その指針は「中学校学習指導要領解説 社会編」(平成20年9月)に詳細に示してある。「社会科教育法II」では各分野の授業を如何に展開するか研修し習得する。
到達目標
 中学校社会科教師として、授業展開を十分見通した、きめ細かな学習指導案の作成力を身に付ける。
履修上の注意
 社会科教育法Ⅰで教科の指導目標や内容についいて考察し把握した。その理解や認識に立ち、学習指導案の作成を通して、地理・歴史・公民の学習指導法を身に付ける。
 児童生徒が興味・関心を抱く授業展開について意識しながら受講すること。
授業計画
 グループ演習や個人での作成・発表を通して学習指導案作成や授業展開の力を身に付ける。
 
 1 学習指導案(全般)について(講義 資料配布)
 2 地理的分野の授業展開と学習指導案作成(講義と協議 資料配布)  
 3 歴史的分野の授業展開と学習指導案作成(講義と協議 資料配布)  
 4 公民的分野の事業展開と学習指導案作成(講義と協議 資料配布)
 5 学習指導案作成(グループ演習:正式なスタイルに則る)  
 6       〃 
 7 指導案の発表と協議(グループ代表) 
 8       〃
 9 指導案の作成(グループのメンバーを変更し、可能な限り前回と異なる科目に取り組む。本時の授業につい
  てのみ、きめ細かな指導案作成を目指す)
10       〃
11 指導案の発表と協議(グループ代表)
12 指導案発表及び模擬授業、合評会及び相互評価(指導案・授業評価表配布)
13       〃
14       〃
15 まとめ(講義と協議) 

  ※ 受講者数により、授業進行に変更の可能性あり。
    
予習・復習
について
・学習指導案作成には授業の構想や補助教材の作成等、多くの時間や労力を要するので、自宅での取り組みを十分行う事。
・グループ演習に対しては、自己の分担に責任を持つこと。
使用教材
中学校学習指導要領解説 社会編(平成20年9月) 日本文教出版株式会社 ¥175
参考文献
「新しい社会 地理」(東京書籍)      
「新しい社会 歴史」(東京書籍) 
「新しい社会 公民」(東京書籍)

単位認定
の方法
・個人で作成した学習指導案及び模擬授業(70%)
・グループ演習で作成した学習指導案や発表内容(20%)
・出席状況(10%)
成績評価基準
 作成した学習指導案や模擬授業が中学生の学習に十分適応しているか(完成度やきめ細かさ)、及びグループ活動において自己の責任を果たし積極的に取り組んでいるか。
その他1
その他2
参考URL