開講所属総合管理学部
時間割コード936101
授業科目名商業科教育法I
授業科目名(英文)Commerce Teaching Methodology I
科目区分教職に関する専門科目群
担当教員森山 俊一
開講年次3年生
学期・曜日・時限前期 木曜日 3時限
単位数2


概要
 新学習指導要領、教科「商業」の目標が、「商業の各分野に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、ビジネスの意義や役割について理解させるとともに、ビジネスの諸活動を主体的、合理的に、かつ倫理感を持って行い、経済社会の発展を図る想像的な能力と実践的な態度を育てる。」と示された。ビジネスを担当する職業人としての幅広い能力が身に付けられるような指導力を養成する。
到達目標
平成25年度から実施された学習指導要領に沿った各科目の内容の確認と指導方法について考察し、指導力を養成する。
履修上の注意
 授業内容は多岐に亘り、豊富であるが、講義時数が限られているので、自学自習が必要である。
 教員免許をとるための手段のみと考えないで、大学卒後の経済社会のビジネスに関心のある学生の履修が望まれる。
授業計画
第1回 商業教育の必要性と意義
第2回 わが国の商業教育の歩み
第3回 商業科目の変遷
第4回 学習指導要領とその理解
第5回 各科目の学習内容とそのねらい
    ①教材研究:ビジネス基礎
第6回 ②教材研究:マーケティング分野
第7回 ③教材研究:ビジネス経済分野
第8回 ④教材研究:会計分野
第9回 ⑤教材研究:ビジネス情報分野
第10回 ⑥教材研究:総合的科目
第11回 ⑦教材研究:年間指導計画
第12回 学習指導案の作成
第13回 模擬授業(1)
第14回 模擬授業(2)
第15回 模擬授業(3)
予習・復習
について
・予習に関しては、年間を通して次回の授業の概略を示し事前学習を促す
・毎日のニュース、経済動向に関心を持ち、商業(経済と社会の動向)に関する記事をメモする
・復習については、課題を与え、提出させて確認する
使用教材
・教職必修 最新商業科教育法 新訂版 実教出版
・商業科目各教科書
参考文献
・新高等学校学習指導要領解説 商業編 文部科学省
・商業教育の歩み 現状の課題と展望 笈川 達夫著 実教出版
単位認定
の方法
・授業への参加度、講義内での課題、発表、模擬授業などを総合して評価70%
・最終レポート30%
成績評価基準
学習指導要領に沿った科目の内容と指導方法が修得されたかどうかを基準として評価する
その他1
その他2
参考URL