開講所属全学共通
時間割コード941501
授業科目名教育実習指導
授業科目名(英文)
科目区分教職に関する専門科目群
担当教員石村 秀登
石井 佳世
宮園 博光
開講年次4年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 1時限
後期集中 その他 他
単位数2


概要
教育実習の事前・事後の指導である。事前に、教育実習の概要を把握し、教育実習の内容等について研究するとともに、教育実習に向けた準備を行う。事後に、実習の成果を総括し、検討を加える。
到達目標
教育実習の概要を理解し、教育実習に向けた準備を整えることができる。教育実習の成果を総括し、反省と今後の課題を明らかにすることができる。
履修上の注意
教職課程における「教職に関する科目」である。
授業態度や教育実習に臨む姿勢に問題があれば、教育実習を辞退させることがある。
授業計画
第1回 教育実習の概要
第2回 教育実習の目的・意義 
第3回 教育実習の内容
第4回 教育実習の内容
第5回 人権教育の理論(特別講義)
第6回 人権教育の実践(特別講義)
第7回 教育実習の準備
第8回 教育実習事前研究
第9回 模擬授業(前半)
第10回 模擬授業(後半) 
第11回 教育実習の反省  
第12回 教育実習の成果発表(前半)
第13回 教育実習の成果発表(後半)
第14回 教育実習の事後研究
第15回 まとめ
予習・復習
について
(予習について)
 教育実習の手続きを各自で確実に行うこと。
(復習について)
 講義内容や配付資料などを各自で整理し、教育実習に活かすこと。
使用教材
教科書は用いない。印刷資料等を使用する。
参考文献
その都度指示する。
単位認定
の方法
受講状況、教育実習の成果、課題レポート等の提出物により評価する。
成績評価基準
教育実習の概要を理解し、教育実習に向けた準備を整えることができる。教育実習の成果を総括し、反省と今後の課題を明らかにすることができる。
その他1
その他2
参考URL