2016-09-29

 平成28年9月27日(火)に平成28年度熊本県立大学大学院秋季入学式を本部棟の大会議室で挙行しました。

本学では、大学院で学びたい方、特に社会人や留学生の利便性を高めるため、平成24年度から大学院博士後期課程に秋季入学制度を導入しています。

 今回は、熊本県の支援並びに環境省国立水俣病総合研究センターとの連携により平成26年度から始められた水銀研究留学生3期生1名が環境共生学研究科博士後期課程に入学しました。

 記念撮影

 

 式は、入学生の国籍を考慮し、英語で行われました。

                                        

半藤学長は式辞の中で

  We still have many challenges around us, but mankind have bravely faced those challenges and are still always trying to create new hopes by learning. Scholarship is the hope of mankind.  Technoligy has advanced so rapidly and the wisdom of mankind has overcome many difficult problems. However, the knowledge and technology to make mankind happy is yet incomplete . We need to gather wisdom from various fields and need to learn and evolve to the future. Today, you have become a member to take part in making happiness of mankind. Take pride in what you do and have a high goal for your research work and contribute for the happiness for mankind. All staff of the University will help you fulfill your dreams.

(現代にはさまざまな課題がありますが、人類はそれらに果敢に挑み、学問によって新たな希望を切り開こうと常に努力しています。学問は人類の希望であります。科学の進歩は著しく、人類の英知は数々の難しい課題を克服してきました。しかし、人類を幸福にするための知識や技術は未だ不完全であり、将来にわたり、さまざまな分野で英知を結集し、学問の進化をはかる必要があります。今日、あなたはその一員となり、人類の幸福を担う名誉ある存在となりました。誇りを持ち、高い理想を掲げて優れた研究に従事し、人類の未来に貢献してください。大学関係者一同は、あなたの夢の実現のために力を貸します。)

 

と激励され、

学長スピーチ 

  This spring, we had massive earthquakes here in Kumamoto and people in Kumamoto went through unprecedented experiences. However, we have not let anything discourage us and we are devoting to reconstruct our beautiful home. Our first priority is the research environment for the students and we have the system so that the students can study without any trouble. Please feel safe to work on your research here in the University.

To end my speech, I wish you all the best and hope that your research will take an important role for the future of Japan and Taiwan.

(この春、熊本では大きな地震があり、熊本の人々は未曽有の経験をしました。しかし、それにくじけることなく、みなが復興に向けた努力を傾注しています。本学も学生の研究環境を第一に考え、勉学に支障のない体制を取っています。安心して勉学に励んでください。

 あなたの研究が日本と台湾の未来にとって、重要な役割となることを祈りつつ、あなたへの歓迎の言葉とします。)

 

と歓迎の意を述べました。

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 事務局 教務入試課教務班

TEL 096-383-2929 / (直通)096-321-6609 / (FAX)096-383-2364

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携・研究推進センター
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携・研究推進センター
国際交流
国際交流
学生生活
学生支援
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター