2018-09-13

 ◎日本学生支援機構奨学金 緊急・応急採用

 災害救助法が適用された地域の世帯で、日本学生支援機構奨学金の貸与が必要となった学生は、緊急・応急採用の対象として選考・推薦することができます。

 申請は随時受け付けます。ただし、家計急変の事由発生から12か月以内に申し込む必要があります。)詳しくは学生支援課にご相談ください。

 

1 平成30年度の災害救助法適用地域(平成30年9月7日現在)

①平成30年大阪府北部を震源とする地震にかかる被害地域:

 大阪市・豊中市・吹田市・高槻市・守口市・枚方市・茨木市・寝屋川市・箕面市・摂津市・四條畷市・交野市・三島郡島本町

②平成30年7月豪雨にかかる被害地域:

 高知県、鳥取県、広島県、岡山県、京都府、兵庫県、愛媛県、岐阜県、福岡県、島根県、山口県の各市町村(詳細は日本学生支援機構のHPでご確認ください。)

③平成30年8月30日からの大雨による災害にかかる被害地域:

 山形県の次の地域(新庄市、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村)

④平成30年北海道胆振東部地震にかかる被害地域:

 北海道の179市町村(詳細は日本学生支援機構のHPでご確認ください。)

 

2 奨学金の種類

  貸与始期 貸与終期
緊急採用:第一種奨学金
(無利子貸与)
①平成30年6月以降
②平成30年7月以降
③平成30年8月以降
④平成30年9月以降
で申込者が希望する月

採用年度の3月まで(願出により翌年度も継続可能)

応急採用:第二種奨学金
(有利子貸与
平成30年4月以降で申込者が希望する月 標準の修業年限の終了月まで

 

 ◎授業料減免(緊急減免)

 風水害その他の災害により学資負担者が被災したことにより困窮し、授業料の納付が困難となった学生で要件を満たす者は、授業料減免(緊急減免)を申請することができます。

 申請期限は、事由発生から3か月以内です。詳しくは学生支援課にご相談ください。

 

緊急減免の申請要件(下記の3つの要件をすべて満たしている場合のみ申請できます。)

経済要件 学費負担者の死亡、被災、6か月以上の長期療養により困窮し授業料の納入が困難な者
成績要件 1年次:なし
2年次以上:標準的な修得単位数で、直近学期もしくは入学後の通年の成績がGPA2.5以上
※ただし、大学院生は、これに限らず研究科委員会の推薦に依る。
奨学金要件 奨学金を受給、もしくは申請をしている者(申請時点で確認)

 

 

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 事務局 学生支援課

TEL 096-383-2929 / (直通)096-383-7896 / (FAX)096-383-2364

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携・研究推進センター
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携・研究推進センター
国際交流
国際交流
学生生活
学生支援
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター