2018-12-05

 11月10日(土)本学CPDセンターにおいて、神戸クロスロード研究会 理事 西修氏を講師に招き、リスクコミュニケーション講座を開催しました。高校生、大学生、社会人等年齢も背景も様々な25名に参加いただきました。

 冒頭、西講師から阪神・淡路大震災でのご自身の経験、クロスロードゲーム製作経緯や普及活動についてお話いただきました。阪神・淡路大震災発生時の混乱、葛藤を聴くことができ、大変貴重な経験でした。

 その後、西講師のファシリテートによりクロスロードゲーム体験へ。様々な立場や状況下での非常時対応の選択を【YES】か【NO】の2択で行うこのゲーム。敢えて細かい設定をしないことで生まれる状況把握の違いや、ジレンマを参加者で共有することにより、多様な考え方、価値観に触れることができ、新たな視点を持つきっかけになりました。

後半では、チームごとに問題作りに挑戦。さらに、参加者の中から選ばれたファシリテーターがこのオリジナル問題のゲーム進行にも挑戦しました。良いファシリテーターになるためにはどうすればいいのか。西講師の指導に加え、参加者全員で評価を出し合い、各々のファシリテーション能力の向上につなげることができました。

 

先ずはチーム分け。できるだけ、普段あまり接する機会のない人同士でチームを組んでいきます。

様々な課題にみなさん真剣に取り組んでいらっしゃいました。

 

西講師の前でファシリテーション体験。直接指導を受けられる貴重な機会でした。

また、参加者が各ファシリテーターの長所と短所を挙げ直接伝える『伝え方』の経験でもありました。

みなさん、多くの学びを得て充実した一日であったと感じていただけました。

今後色々な場面でこの日の経験が生かされることが期待されます。

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 地域連携・研究推進センター

TEL / (直通)096-321-6612 / (FAX)096-387-2987

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携・研究推進センター
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携・研究推進センター
国際交流
国際交流
学生生活
学生支援
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター