2019-01-10

12月8日(土)に水俣で【防災・減災ではじめるまちづくり講座~防災クロスロードゲーム体験~in水俣】を開催しました。

この事業は一般財団法人YS市庭コミュニティー財団の助成を受け、本学が主催し、県大防災プロジェクトユニットと㈱大塚製薬の協力を得て実施しています。

  

当日は高校1年生から社会人まで、様々な年齢・職業の方々に参加いただきました。

総合管理学部 上拂教授の挨拶に続き、古賀 実 水俣環境アカデミア所長(前熊本県立大学 学長)から、水俣環境アカデミアについてお話いただき、第1部・防災クロスロードゲーム体験をスタート。

今回は、クロスロードゲームキットがなくても、いつでも手軽にクロスロードゲームができる提案として、付箋紙と名刺用紙を使用して体験していただきました。

生活環境も年齢もバラバラに構成されたグループでは、思いもよらない意見や反応があり、大いにもりあがりました。  

 

休憩中には、非常食を賞味期限に合わせて入れ替える”ローリングストック”や、熊本地震当時の熊本県立大学の状況などについて多くの質問をいただきました

 

第2部では「もしもに備えるワークショップ」を行いました。

「もしも明日地震が起きるなら?」

「もしも1週間後に地震がおきるなら?」

いつも暮らしている中でできる備えは何か、出来ることはないか、グループで意見の出し合いをしました。

最後は、「1年間地域の皆で備えを続けたあと、大きな地震が起きた」という想定で、

「こんな備えをしたから、我が地域は大地震に耐えられた」という未来新聞を創っていただきました。

発表の際には、意外な案に感心したり、笑いが出たりしました。

 

最後まで賑やかにワークショップを行うことができました。

高校生の皆さんには、大学生活の一部を見ていただく機会にもなりました。

 

今年度の出張講座は今回が最後ですが、他の地域にも出張し活動の輪を広げていきたいと考えています。

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 地域連携・研究推進センター

TEL / (直通)096-321-6612 / (FAX)096-387-2987

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流
学生生活
学生支援
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター