研究者情報

教授   鈴木 元  SUZUKI Hajime
1963年生まれ
性別:男性
 

所属 文学部  日本語日本文学科
最終学歴 中京大学大学院文学研究科博士課程修了(1997年3月)
学    位
博士(文学) (中京大学)1997年3月
職    歴 熊本県立大学文学部講師(1998年4月〜2000年3月)
熊本県立大学文学部助教授(2000年4月〜2007年3月)
専門分野
日本中世文学Literary Arts of the Late Medieval Age
授業科目
文献学基礎論、古典文学史、漢文学史、中近世文学演習、中世文学特殊研究<大学院>日本文学特殊講義、日本文学特別演習、中世日本文学研究
主な研究テーマ
 
中世歌学の伝授に関する問題
連歌という文芸の特性について
中世学問史(特に古典注釈史)
お伽草子とその形成の場に関する問題
近世熊本の地誌・風俗資料の文献学的研究
学会での活動状況
  中世文学会、和歌文学会、俳文学会(委員2018年4月~)、説話文学会、日本文学協会(委員2000年12月〜2004年12月、2009年12月〜2013年12月)、西日本国語国文学会(査読委員2017年~)、藝能史研究会
社会での活動状況
  国文学研究資料館文献資料調査員 1999年4月〜2018年3月
国文学研究資料館地域資料専門部会委員2018年4月~
臼杵市史料調査委員 2010年4月〜2016年3月
熊本市文化財保護委員会委員 2015年7月〜
熊本県立図書館協議会委員 2015年10月〜
地域貢献分野のジャンル
  【文化・文学・歴史】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【日本文学】 
本人からのメッセージ
   古典文学には、いまだ謎が多い。 一句のイメージも、一語の解釈も、自明なものなどさほど多くはない。しかし、作品それだけを見ていても、答えに到るとは限らない。そこに到るには幅広い知識と、深い洞察力と、根気強い探求心とが求められる。それらすべてを兼ね備えるのは不可能でも、最後の一つだけは常に心がけたい。それは、学生への要望であると同時に,私自身への課題でもある。
地域貢献についてのメッセージ
   古典文学研究は多くの人にとって、日常的にはなじみの薄い分野でしょうが、書物の世界との交流は、人間の思考の厚みに欠かせぬものだと思っています。
 小さな関心・興味を、古典を中心とした書物の世界へ、その広がりへとつなぐような貢献ができればと念願しています。
E-mail suzukiha
URL http://suzukiha-lab.com

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
単著 『室町連環 ―中世日本の「知」と空間』 勉誠出版 2014/10 pp.1-402
単著 『つける 連歌作法閑談』 新典社 2012/9 pp.1-157
共編 『細川幽斎 戦塵の中の学芸』 笠間書院 2010/10 pp.1-401、内pp.91-109「『詠歌大概聞書』試読」、pp.227-245「百人一首『幽斎抄』編纂前後」
共編 『文学史の古今和歌集』 和泉書院 2007/7 pp.145-171第七章「古今伝授とは何か」執筆
共著 『夫木和歌抄 編纂と享受』 風間書房 2008/3 pp.245-271「『夫木和歌抄』の享受と連歌」
論文
単著 「羊と躑躅 ― 連歌寄合を追って」 前田雅之編『画期としての室町 政事・宗教・古典学』勉誠出版 2018/10 pp.425-442
単著 「稽古する - 連歌の身体性をめぐる覚書」 熊本県立大学日本語日本文学会『国文研究』第63号 2018/9 pp.1-15
単著 「物語草子における形式の問題 ―『横座房物語』の場合」 『國語國文』第86巻第2号/京都大学 2017/2 pp.21-36
単著 「中世和歌史における「禅」の問題」 天野文雄監修『禅からみた日本中世の文化と社会』ぺりかん社 2016/7 pp.45-65
単著 「「菊池万句」をめぐる幾つかの問題」 国文学研究資料館『調査研究報告』第36号 2016/3 pp.37-47
単著 「古今伝授は和歌を進展させたか ―本質と問題―」 錦仁編『中世詩歌の本質と連関』竹林舎 2012/4 pp.536-555
単著 「連歌寄合と本歌、証歌」 岩波書店『文学 隔月刊』第12巻第4号 2011/7 pp.143-154
単著 「古典学の南北朝期前後」 中世文学会『中世文学』第54号 2009/6 pp.35-43
単著 「『金谷園記』逸文輯綴」 熊本県立大学日本語日本文学会『国文研究』第54号 2009/5 pp.1-17
単著 「江戸初期の学芸とお伽草子―『塵滴問答』、注釈をめぐって」 『お伽草子百花繚乱』笠間書院 2008/11 pp.331-343
単著 「伝授―「百人一首」受容史の一局面」 『國文學 解釈と教材の研究』第52巻16号臨時号 2007/12 pp.124-131
単著 「註釈行為と本文―軍記物語の周縁から―」 『軍記と語り物』第43号 2007/3 pp.30-40
その他
単著 「菊池風土記巻二註釈」 http://suzukiha-lab.com/ 2018/4 ネット公開
単著 「筆を執る ―執筆の作法―」 『文彩』第14号/熊本県立大学文学部 2018/3 pp.1-12
単著 冷泉家時雨亭叢書『百人一首 百人一首注 拾遺(三)』 朝日新聞社 2017/12 解題pp.26-44
単著 【書評】小林幸夫著『説話と俳諧連歌の室町 歌と雑談の伝承世界』 『日本文学』第66巻第10号/日本文学協会 2017/10 pp.68-69
単著 「いのる ―法楽、狂言、福神」 『文彩』第13号/熊本県立大学文学部 2017/3 pp.1-10
単著 「学問史のために、註釈史のために」 中世文学会『中世文学』第61号 2016/6 pp.36-38
単著 冷泉家時雨亭叢書『草根集下』 朝日新聞社 2016/4 解題pp.3-18
単著 冷泉家時雨亭叢書『歌林良材集 歌合集 続』 朝日新聞社 2016/2 解題pp.3-16
単著 冷泉家時雨亭叢書『中世私家集十二』 朝日新聞社 2015/12 横綴じ本解題pp.3-15 縦綴じ本解題pp.29-33
単著 冷泉家時雨亭叢書『草根集上』 朝日新聞社 2015/7 解題編pp.3-22
単著 「張行する」 熊本県立大学文学部『文彩』第11号 2015/3 pp.1-9
単著 「菊池風土記巻一註釈」 http://suzukiha-lab.com/ 2014/11 ネット公開
単著 熊本文化研究叢書第9輯『菊池風土記1』 熊本県立大学文学部日本語日本文学研究室 2014/11 pp.98